ウォーターサーバーの水は月に何リットル必要か解説

PR

ウォーターサーバーの利用を考えたとき、どのくらいの水を毎月消費するかを知ることは非常に重要です。

この記事では、日々の水分摂取量の目安から、生活スタイルや家族構成に応じた適切なウォーターサーバーの月間水消費量を解説します。個人の健康維持に必要な水分量を基に、ウォーターサーバーで必要な水の量を見積もり、最適な選択を支援します。

ウォーターサーバーは月何リットルあればいい?

ウォーターサーバーを選択する際に、月々に必要な水の量を把握することは重要です。利用人数やライフスタイルにより必要量は変わるため、自分や家族の日常生活を考慮した上で、適切なサーバーを選ぶ必要があります。

そもそも水は1日にどのくらい飲んだらいいの?

成人の場合、1日に約2.5リットルの水分摂取が推奨されています。これには飲み水だけでなく、食事から摂取する水分も含まれます。正確な水分摂取量を把握することで、適切なウォーターサーバーの選択につながります

人物 摂取推奨量(1日) 摂取推奨量(1か月)
成人 2.5リットル 約75リットル
子ども 1~2リットル 30~60リットル

この表を基に、毎日の水分摂取量を計算し、それに合わせてウォーターサーバーの契約を考えることができます。

使用用途で異なる水の消費量

水の使用用途は、日常生活の中で大きな影響を与えます。飲用水、料理、掃除、その他の用途によって、必要な水の量は大きく変わります。特にウォーターサーバーを利用する家庭では、飲用はもちろん、料理やお茶、コーヒーを淹れるためにも使用されることが多いです。ライフスタイルや家族構成に応じた計画的な水の使用は、ウォーターサーバー選びにおいて重要なポイントです。

使用用途 水の消費量 (1日あたり)
飲用水 2リットル
料理用 1リットル
コーヒー・お茶 500ミリリットル
掃除やその他の用途 500ミリリットル

自分の水の消費量が月何リットルかチェック!

自分の水の消費量を月単位で把握することは、ウォーターサーバーの適切なプランを選ぶ上で不可欠です。家庭内での水の使用状況を詳細に分析し、必要な水の量を見積もることで、無駄なく経済的なウォーターサーバーの利用が可能となります。月々の水の消費量を知ることで、過剰に水を購入するリスクを減らし、コスト削減にも繋がります。

家族構成 飲用水 (1ヶ月) 料理用水 (1ヶ月) 合計 (1ヶ月)
1人暮らし 60リットル 30リットル 90リットル
2人家族 120リットル 60リットル 180リットル
4人家族 240リットル 120リットル 360リットル

この表を利用することで、各家庭に合ったウォーターサーバーの契約プランを考えることができます。実際の生活パターンを考慮し、適切な量の水を供給できるウォーターサーバーを選びましょう。

月何リットルか分かったらあとは選ぶだけ!

水の消費量を正確に把握したら、ウォーターサーバー選びの次のステップは月額料金を比較することです。家計に優しく、ニーズに合ったプランを見つけることが大切です。消費量に応じて最適なウォーターサーバーを選ぶことで、無駄な出費を避け、経済的にもメリットが大きくなります。

月額料金で選ぶ

ウォーターサーバーの月額料金は、サービスの質、水の種類、サーバーの機能性によって異なります。料金だけでなく、提供される水の質やサービス内容も考慮に入れて選ぶ必要があります。また、使用する水の量によって最もコストパフォーマンスの良いプランを選択しましょう。

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスは、高品質な水と利便性を兼ね備えたウォーターサーバーとして評価されています。料金プランの透明性やメンテナンスの手軽さが特徴で、コストとサービスのバランスが取れている点が利用者から高く評価されています。

項目 エブリィフレシャスの特徴
月額料金 約2,000円〜4,000円(使用する水の量によって変動)
水の種類 天然水、RO水(逆浸透膜水)
ボトルの容量 7.2リットル、12リットル
サービス内容 定期的なメンテナンス、24時間サポート、ボトル交換サービス
初期費用 なしまたはキャンペーンによる
契約期間 最低利用期間あり(通常1年)、その後は更新なしで継続利用可能

エブリィフレシャスを選ぶ際の大きなメリットは、その利便性と経済性にあります。特に、水の種類を選べるオプションは、家庭に合わせたカスタマイズが可能であることを意味しています。加えて、ユーザーのライフスタイルや予算に合わせて柔軟にプランを選択できるため、無駄なく効率的にウォーターサーバーを利用することができます。

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーターは、エコフレンドリーなウォーターサーバーとして知られています。使い捨てボトルを採用しており、リサイクルを通じて環境負荷を低減しています。このサービスは、環境への配慮を重視するユーザーにとって大きな魅力です。また、手軽に取り替えられるボトルは利用者にとっての利便性をさらに高めています。

項目 ワンウェイウォーターの特徴
月額料金 約2,500円〜(プランによって異なる)
水の種類 天然水
ボトルの容量 7リットル、12リットル
サービス内容 使い捨てボトル、エコフレンドリー、簡単交換
初期費用 設置費用無料(キャンペーンによる場合あり)
契約期間 なしまたは最低利用期間あり

アクアクララ

アクアクララは、その高い水質多様なサービスオプションで知られています。RO水(逆浸透膜処理水)や天然水を選択できる柔軟性があり、各家庭のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

また、ウォーターサーバーにコーヒーマシン機能が付いているモデルもあり、一台で多様な用途に対応できる点が特徴です。

項目 アクアクララの特徴
月額料金 約3,000円〜(使用する水の種類やプランによって変動)
水の種類 RO水、天然水
ボトルの容量 12リットル
サービス内容 高品質な水、コーヒーマシン搭載サーバー、定期メンテナンス
初期費用 無料〜(キャンペーン次第で変更あり)
契約期間 最低利用期間あり(通常1年)

 

デザインで選ぶ

ウォーターサーバーを選ぶ際、機能性はもちろんですが、デザインの美しさも重要な要素です。毎日使うものだからこそ、インテリアに調和し、部屋の雰囲気を高めるデザイン性を持ったウォーターサーバーを選びたいですね。特に、ヴィヴィウォーターとハミングウォーターは、その洗練されたデザインで人気があります。

ヴィヴィウォーター

ヴィヴィウォーターは、モダンでスタイリッシュなデザインが特徴です。その洗練された外観は、どんなインテリアにも溶け込みます。利用者の生活空間を格上げするようなデザイン性を持っているため、見た目を重視するユーザーから高い評価を受けています。

項目 ヴィヴィウォーターの特徴
デザイン モダンで洗練された外観
カラーバリエーション 複数の色から選択可能
特徴 家具のように部屋に溶け込むデザイン
価格帯 中〜高価格帯
ユーザー評価 デザイン性を重視するユーザーに高評価

ハミングウォーター

ハミングウォーターは、ナチュラルで温かみのあるデザインが魅力です。木目調のデザインや優しい色使いが特徴で、自然と調和するような外観が多くの家庭に選ばれています。使いやすさと見た目の両方を兼ね備えているため、生活空間に自然に溶け込むウォーターサーバーを求めるユーザーに最適です。

項目 ハミングウォーターの特徴
デザイン 温かみのあるナチュラルな外観
カラーバリエーション 自然を感じさせる色合い
特徴 生活空間に溶け込む優しいデザイン
価格帯 手頃な価格設定
ユーザー評価 アットホームな雰囲気を好むユーザーに支持されている

 

使い勝手で選ぶ

ウォーターサーバーを選ぶ際、使い勝手の良さは非常に重要なポイントです。日常生活でストレスなく、快適に使用できるかどうかが、長期的な満足度に直結します。エブリィフレシャスとヴィヴィウォーターは、その使いやすさで評判のウォーターサーバーです。

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスは、機能性と使いやすさを追求したウォーターサーバーです。特に、交換が簡単なボトルシステムや、温水・冷水の切り替え機能が使い勝手の良さを支えています。また、省エネ性能も高く、ランニングコストの節約にも貢献します。

項目 エブリィフレシャスの特徴
使いやすさ ボトル交換の簡便さ、直感的な操作
機能性 温水・冷水の切り替え機能、省エネ設計
メンテナンス 定期的なクリーニング不要、清潔さ維持
価格帯 コストパフォーマンスに優れる
ユーザー評価 高い使い勝手と経済性で好評

ヴィヴィウォーター

ヴィヴィウォーターは、デザイン性と機能性を兼ね備えたウォーターサーバーです。ボトルの交換が容易で、操作パネルがシンプルなため、日々の使用が非常に快適です。また、子供の安全を考慮したチャイルドロック機能など、家族に優しい設計も魅力的です。

項目 ヴィヴィウォーターの特徴
使いやすさ 簡単なボトル交換、直感操作のコントロールパネル
安全性 チャイルドロック機能、安定した設置
メンテナンス シンプルな構造でお手入れが容易
デザイン スタイリッシュで部屋のインテリアになじむ
ユーザー評価 使い勝手とデザイン性で高評価

 

まとめ

ウォーターサーバーを選ぶ際には、月間の水の消費量、コスト、デザイン、使い勝手など、様々な要素を考慮する必要があります。まず、自身の生活習慣や家族構成を基に、必要な水の量を把握することが大切です。一人暮らしから家族での使用まで、ニーズに合ったサーバー選びが重要となります。

月間消費量の把握は、無駄なく経済的に水を利用するための基本です。自分や家族の生活パターンに合わせた水の量を正確に理解することで、過不足なく水を購入し、コストを最適化できます。

コスト面では、ウォーターサーバーのレンタル料、水の料金、電気代などを総合的に評価し、長期的な視点で経済的な選択をすることが肝要です。デザインも無視できません。ウォーターサーバーは生活空間に設置するものなので、インテリアとの調和を考えた選択が求められます。

また、使い勝手については、ボトルの交換やサーバーの操作、メンテナンスの容易さなど、日常の利用を快適にする要素が重要です。安全機能、特に小さな子どもがいる家庭ではチャイルドロックなど、安全面を考慮した機能が搭載されているかも確認が必要です。

最終的に、ウォーターサーバーはただ水を飲むためだけのものではなく、生活の質を高め、より健康的な日常を支えるための重要な役割を担っています。自分にとって最適なウォーターサーバーを選択し、快適で健康的な生活を楽しむことが大切です。

この記事をシェアする
[addtoany]

この記事を書いた人

本多大輔

本多大輔

浄水navi編集部の本多大輔です!編集者として活動しています。
ウォーターサーバーは毎日の忙しい朝の準備や仕事の合間に、冷水や温水を手軽に利用することができるので、ついついたくさんのお茶や簡単なスープを飲んでしまいます。新鮮でクリーンな水を提供してくれる点も嬉しいポイントです!
ちなみに、サッカーが大好きです。

関連記事

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ