ウォーターサーバーの値段(月額)はいくら?内訳ごとに解説!

PR

ウォーターサーバーの選択は、毎日の水分補給を快適にするだけでなく、生活スタイルに合わせた経済的な選択でもあります。多くの人が気になるのは、実際にウォーターサーバーを自宅に設置する際に、どの程度の料金がかかるのか、という点です。

この記事では、ウォーターサーバーにかかる料金の内訳を詳細に掘り下げ、初期費用からランニングコストまでを明確に解説します。

さらに、様々なサービスを提供するウォーターサーバー会社の料金体系を比較し、どのようにして最もコストパフォーマンスの良い選択ができるかを考察します。

ウォーターサーバーにかかる料金

ウォーターサーバーを家庭に導入する際、理解しておくべきコストは複数あります。このセクションでは、主に初期費用とサーバーレンタル料にフォーカスを当てて、それぞれの料金構成を詳細に解説します。

初期費用

お金, コイン, 投資, 仕事, ファイナンス, 銀行, 通貨, ローン, 現金ウォーターサーバーの初期費用は、サーバーの種類やサービスプランによって大きく異なります。一般的には、設置費用登録料がこれに含まれますが、多くのサービスプロバイダーはプロモーションやキャンペーンを通じて、これらの費用を無料にすることもあります。

初期費用が無料のプランを提供している企業も多く、その場合は本体のレンタル代や水の初回注文費用のみがスタート時に必要になるケースが一般的です。

しかし、高性能モデルやデザイン性を重視したウォーターサーバーの場合は、初期費用が発生することもあるため、契約前にしっかりと確認することが重要です。

サーバーレンタル料

サーバーレンタル料は、ウォーターサーバーを利用する上で毎月定期的に支払う費用です。この料金は、サーバーのタイプや機能によって変わりますが、一般的には月額1,000円から3,000円の範囲内で設定されています。一部の高機能サーバーやデザイン性を重視したサーバーでは、月額料金がこの範囲を超えることもあります。

また、サーバーのレンタル料を含めた全体的なコストパフォーマンスを考える時、水の単価や電気代、メンテナンス費用なども総合的に評価する必要があります。

水代

水滴, 落とす, 影響, 波紋, 水, 表面張力, 水面, 滴, 自然, 水

ウォーターサーバーの月々のコストの中で、最も大きな割合を占めるのが水代です。この費用は、使用する水の量と種類によって決まります。一般的に、24Lの水で2,500円から5,000円程度が相場ですが、天然水の場合は価格がやや高めに設定されていることが多いです。具体的には、天然水はその清浄さや味わいから高価格帯になりやすく、RO水(逆浸透膜水) はコストパフォーマンスに優れています。

水の消費量は、家庭の人数やライフスタイルによって大きく異なります。

例えば、一人暮らしでは月に12L程度、4人家族では48L以上の水を消費することが一般的です。この量に基づいて、自宅での使用量を見積もり、無駄なく経済的に利用するプランを選びましょう。

電気代

電気, 電気を節約, 省電力, エネルギー, エネルギーを節約する, 省エネ

ウォーターサーバーの電気代は、サーバーの種類や機能によって異なりますが、平均的には月に400円から1,000円程度が目安です。節電機能が備わったモデルを選ぶことで、電気代を節約することが可能です。

たとえば、エネルギー効率の良い新しいモデルでは、待機電力を抑える機能が搭載されており、長期的に見ると電気代の節約につながります。

配送料

モルモット, アマゾン, 配達, 小包, 送料, ペット, 配送ボックス多くのウォーターサーバー会社では、配送料は無料であることが一般的ですが、地域によっては別途料金が発生する場合もあります。特に、離島や一部地域では追加の送料がかかることがあります。

ウォーターサーバーを選ぶ際には、自宅の地域が配送の無料エリアに含まれているかを確認し、追加の配送料が必要な場合はそのコストを考慮に入れる必要があります。

メンテナンス料

ウォーターサーバーのメンテナンス料は、サービスプランによって異なります。多くのサービスでは定期的なメンテナンスが無料で提供される一方で、一部のサービスではメンテナンスに費用がかかる場合もあります。定期的なメンテナンスは、ウォーターサーバーを清潔に保ち、水の品質を維持するために重要です。

メンテナンス料がかかる場合は、その費用が月額料金に含まれているか、別途支払いが必要かを事前に確認しましょう。メンテナンス料を含めたトータルコストで、サービスの価値を判断することが大切です。

実際にウォーターサーバーの月額費用はどれくらい?世帯別アンケート

ウォーターサーバーの月額費用は家庭によって大きく異なります。利用する水の量や選択するサービスによって変わるため、実際の費用を把握することは非常に重要です。以下の表は、様々な世帯での実際の月額費用を示しています。

世帯タイプ 平均月額費用 平均消費水量
一人暮らし 3,000円 12L
2人暮らし 4,000円 24L
3人家族(子ども1人) 5,700円 36L
4人家族(子ども2人) 7,500円 48L

このデータは、世帯の水消費量に基づいており、生活スタイルや好みによっても変動があります。たとえば、家で過ごす時間が多い家庭や、料理やお茶にもウォーターサーバーの水を利用する家庭では、消費量が増加し、それに伴い費用も上がります。

ウォーターサーバーの値段を人気サーバー7社で比較

ウォーターサーバーを選ぶ際には、価格だけでなくサービス内容や機能も考慮する必要があります。以下に、人気のウォーターサーバー7社を比較した一覧表を示します。

サーバー名 月額費用(24L) 500mlあたりの値段 レンタル料 電気代
ワンウェイウォーター 2,700円 56円 0円 436円
クリクラ 3,180円 66円 0円 756円
エブリィフレシャス 3,300円 0円 3,000円 330円
プレミアムウォーター 4,233円 88円 0円 500円
コスモウォーター 4,104円 85円 0円 474円
アルピナウォーター 2,484円 51円 629円 1,000円
信濃湧水 4,000円 71円 330円 465円

価格比較だけでなく、サービスの質やサーバーの機能も評価することが重要です。たとえば、レンタル料が無料であること、電気代が少ないこと、または追加のサービスがあることなど、自分のニーズに合ったサービスを選択することが大切です。

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーターは、コストパフォーマンスに優れたウォーターサーバーとして知られています。このサーバーは、使用後のボトルをリサイクルできるため、環境に配慮している点も大きな魅力の一つです。

以下の表は、ワンウェイウォーターの料金体系を示しています。

項目 価格
12Lボトル1本の価格 約1,350円
レンタル料 0円(無料)
電気代 1ヶ月あたり約436円
配送料 地域により異なる

ワンウェイウォーターは、手軽さと経済性を重視するユーザーにとって理想的な選択と言えます。特に、水の品質とサービスの手軽さを求める方には最適なオプションです。

クリクラ

クリクラは、その高い品質のRO水で知られており、コストパフォーマンスも非常に優れています。クリクラのサービスには、様々なユーザーニーズに合わせたプランが用意されています。

以下の表は、クリクラの料金体系を示しています。

項目 価格
12Lボトル1本の価格 約1,590円
レンタル料 0円(無料)
電気代 1ヶ月あたり約756円
配送料 無料

クリクラは、家庭やオフィスなど、様々な場所での使用に最適化されたサービスを提供しています。品質の高いRO水をリーズナブルな価格で提供しており、ユーザーにとって非常に便利な選択となっています。

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスは、環境に配慮したサステナブルな選択肢を提供することで知られています。このサービスは、使い捨てではなく、リサイクル可能なボトルを使用することで環境負荷を減らしています。

以下に、エブリィフレシャスの料金体系を示します。

項目 価格
7.2Lボトル1本の価格 0円
レンタル料 約3000円(月額)
電気代 1ヶ月あたり約300円
配送料 0円

エブリィフレシャスは、エコロジカルな選択として、特に環境意識の高い消費者に適しています。リサイクル可能なボトル使用により、廃棄物の削減にも貢献しています。

ヴィヴィウォーター

ヴィヴィウォーターは、そのデザイン性と高品質な水で注目を集めています。このウォーターサーバーは、見た目だけでなく機能性も重視しており、多くのユーザーに支持されています。ヴィヴィウォーターの料金体系を以下の表にまとめました。

項目 価格
8.6Lボトル1本の価格 0円
レンタル料 約3000円(月額)
電気代 1ヶ月あたり約500円
配送料 無料

ヴィヴィウォーターは、高いデザイン性を持ちながらも、機能面での妥協を許さないユーザーに最適です。無料の配送料とレンタル料で、コストパフォーマンスも魅力的です。

コスモウォーター

コスモウォーターは、その高い機能性多様なプランで多くの家庭やオフィスで選ばれています。コスモウォーターの特徴は、利便性とコストパフォーマンスのバランスの良さにあります。

以下にコスモウォーターの料金体系の詳細を示します。

項目 価格
12Lボトル1本の価格 約1,000円
レンタル料 0円(無料プランの場合)
電気代 1ヶ月あたり約400円
配送料 無料

コスモウォーターは、無料の配送料とレンタル料の選択肢があり、利用者のニーズに応じた柔軟なプラン設定が可能です。この点が、多くのユーザーに選ばれる理由の一つです。

信濃湧水

信濃湧水は、その清らかな水質手頃な価格で知られています。信濃湧水は特に、水の品質にこだわりたい消費者におすすめのブランドです。信濃湧水の料金体系は以下の通りです。

項目 価格
12Lボトル1本の価格 約800円
レンタル料 約500円(月額)
電気代 1ヶ月あたり約300円
配送料 無料

信濃湧水は、リーズナブルな価格で高品質な水を提供しており、経済的にも魅力的な選択となっています。配送料が無料である点も、このサービスの大きなメリットの一つです。

まとめ

ウォーターサーバーを選ぶ際には、初期費用、サーバーレンタル料、水代、電気代、配送料、メンテナンス料 など、様々なコストを総合的に考慮する必要があります。月額費用は家庭の利用状況や選択するウォーターサーバーによって大きく異なり、一般的には3,000円から8,000円程度 の範囲で変動します。

家庭の人数や水の使用量 に合わせて適切なサーバーを選ぶことで、無駄なコストを避け、家計に優しい選択をすることが可能です。また、サーバーの機能性、デザイン、サポート体制など、料金以外の要素も重要です。

料金だけでなく、サービス内容やユーザーのレビュー を参考にしながら、自分にとって最適なウォーターサーバーを選ぶことが重要です。この記事が、ウォーターサーバーの選択において役立つ情報を提供できたなら幸いです。

この記事をシェアする
[addtoany]

この記事を書いた人

本多大輔

本多大輔

浄水navi編集部の本多大輔です!編集者として活動しています。
ウォーターサーバーは毎日の忙しい朝の準備や仕事の合間に、冷水や温水を手軽に利用することができるので、ついついたくさんのお茶や簡単なスープを飲んでしまいます。新鮮でクリーンな水を提供してくれる点も嬉しいポイントです!
ちなみに、サッカーが大好きです。

関連記事

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ