ウォーターサーバーの解約には条件が!?解約金・最低解約期間まとめ

PR

ウォーターサーバーを自宅やオフィスに導入する際、多くの人が重視するのは利便性や水の品質だけではありません。契約の柔軟性や、もし解約することになった時にかかる解約金、さらには最低利用期間などの条件も大きな判断材料となります。

特に、生活環境が変わる可能性がある方や初めてウォーターサーバーを利用される方にとって、これらの条件は後悔しないためにも事前に確認しておくべき重要なポイントです。

この記事では、ウォーターサーバーを提供する主要な10社の解約金と最低利用期間を徹底比較し、契約前に押さえておきたい情報をお届けします。

あなたにとって最適なウォーターサーバー選びの参考にしてください。

ウォーターサーバーの解約金&最低利用期間を比較

解約金や最低利用期間は、契約を結ぶ際に見落としがちな条件の一つですが、これらは将来的なコストや契約の柔軟性に大きく影響します。

下記の表は、主要なウォーターサーバー会社の解約金と最低利用期間を一覧にして比較したものです。

解約金の額最低利用期間は会社によって大きく異なり、解約時の負担を軽減するためにも、契約前にしっかりと確認することが重要です。

メーカー名 解約金 最低利用期間 備考
プレミアムウォーター 10,000円~20,000円 2年~3年 プランによって解約金額が異なる
フレシャス 9,900円~16,500円 1年~2年 利用期間に応じて解約金が異なる
コスモウォーター 19,000円 2年
サントリー 残月数×1,000円~650円 2年~5年 プランによって計算方法が異なる
信濃湧水 6,600円 1年
ワンウェイウォーター 5,500円~15,400円 1年~2年 利用期間に応じて解約金が異なる
アルピナウォーター 5,500円~11,000円 1年 地域によって解約金額が異なる
アクアクララ 6,600円 2年
クリクラ 8,800円 2年

※この表の金額はすべて税込です。

上記の表からも分かるように、解約金額最低利用期間はウォーターサーバーの会社や選択するプランによって大きく異なります。

たとえば、プレミアムウォーターやフレシャスのように利用期間が長くなるにつれて解約金が減額される会社もあれば、サントリーのように契約プランによって残月数を基に解約金が計算されるケースもあります。

また、アルピナウォーターのように地域によって解約金が変わる場合もあるため、自身のライフスタイル将来的な計画を考慮しながら、最も適したウォーターサーバーを選ぶことが大切です。

解約金以外にも注目しよう!オススメウォーターサーバー3選

ウォーターサーバーを選ぶ際には、解約金だけでなく、使用コスト、機能性、デザインなど、さまざまな側面から検討することが重要です。

ここでは、解約金以外の面でも魅力的な、オススメのウォーターサーバー3選を紹介します。

これらのサーバーは、利便性コストパフォーマンス、そしてデザイン性に優れており、あなたの生活に最適な水のサービスを提供してくれることでしょう。

エブリフレシャス

エブリフレシャスは、そのスタイリッシュなデザイン高い機能性で多くの家庭に選ばれています。特に、ボトルの交換が簡単で、置き場所を選ばないコンパクトさが大きな魅力。

さらに、月額のコストが明確で、長期契約を結ばなくても利用開始できるフレキシブルなプランが用意されています。

利用者のライフスタイルに合わせて、さまざまなニーズに応えるサービス提供を心掛けている点も、エブリフレシャスの大きな特徴です。

ビビウォーター

ビビウォーターは、エコロジーに配慮したウォーターサーバーを提供していることで知られています。使用後のボトル回収システムを完備し、環境への影響を最小限に抑える取り組みを行っています。

また、水の品質にもこだわり、厳選された天然水を利用しているため、味の良さでも高い評価を受けています。

リーズナブルな月額料金設定も魅力の一つであり、コストパフォーマンス環境への優しさを兼ね備えたサーバーをお探しの方には最適です。

ハミングウォーター

ハミングウォーターは、ユーザーの健康を第一に考えたウォーターサーバーです。特に、サーバー内部の衛生管理に力を入れており、定期的なメンテナンス清潔な水の提供に注力しています。

さらに、ハミングウォーター独自の機能として、水素水の生成が可能なモデルもあり、健康志向の高い方に特におすすめできます。デザイン性にも優れており、インテリアとしても部屋の雰囲気を損なわないスタイリッシュな外観が特徴です。

よくあるウォーターサーバーの解約理由

ウォーターサーバーを解約する理由はさまざまですが、多くのユーザーが共通して直面するいくつかの問題点があります。解約に至る理由を理解することで、自分にとって最適なウォーターサーバー選びや、解約を避けるための対策を考えることができます。

電気代やボトル代を含めると月額費用が思ったより高額だった

多くの場合、ウォーターサーバーを選ぶ際には、初期費用やサーバーのレンタル代に注目しがちです。

しかし、実際に使用してみると、電気代やボトルのコストが想定以上にかさみ、月額の出費が予想外の高さになることが少なくありません。

特に、家族が多い場合や、水を多用するライフスタイルの場合は、ボトルの消費速度が予想を上回り、それに伴いコストも増大します。

さらに、サーバーを24時間稼働させることで電気代も無視できない額になることがあります。

ボトル発注数のノルマをこなせない

一部のウォーターサーバー契約には、一定期間内に決められた数のボトルを発注するというノルマが設定されています。このノルマが自宅での水の消費量と合わず、余分なボトルが家に積み上がってしまうというケースもあります。

水のストックに困る使い切れずに無駄になるといった状況は、解約を考える大きな理由となり得ます。

ボトル交換が大変

ウォーターサーバーのボトル交換は、特に高齢者や体力に自信のない方にとって大きな負担となります。12Lや19Lのボトルを持ち上げてセットする作業は、想像以上に力が要るため、日常的な使用においてストレスとなることがあります。

また、ボトルの保管場所を確保する必要がある点も、使用に際しての悩みの一つです。

 

これらの問題に対処する一つの方法として、浄水型ウォーターサーバーの導入が挙げられます。

浄水型サーバーならば、定期的なボトルの配送や交換の必要がなく、自宅の水道水を直接使用してきれいな水を生成することが可能です。これにより、ボトル代や電気代を節約しつつ、手間を省くことができます。

また、水の品質に関してもフィルターを通じて安全性が保証されるため、安心して利用することが可能です。

「乗り換えキャンペーン」を使えば解約金の負担が減る

ウォーターサーバーを利用している多くの方が直面するのが、解約時にかかる解約金の問題です。特に最低利用期間を満たしていない場合、その金額は予想以上に高額になることがあります。しかし、乗り換えキャンペーンを上手く利用することで、この解約金の負担を軽減することが可能です。

乗り換えキャンペーンとは、他社のウォーターサーバーから自社のサービスに変更する顧客に対し、特典やサポートを提供するプロモーションのことです。多くの場合、解約金の一部または全額を負担してくれるといった形で実施されています。このようなキャンペーンを利用することで、新しいサービスへの移行をスムーズかつ経済的に行うことができるのです。

利用する際のポイントは、キャンペーンの詳細条件を事前に確認することです。対象となる乗り換え元のウォーターサーバー、キャンペーン期間、必要な手続きなど、事前にしっかりとチェックしておくことが重要です。また、乗り換え先のサービス内容も含め、総合的に判断することが望ましいでしょう。

まとめ

ウォーターサーバーの解約金は、サービスを乗り換えたいと考えた時に大きな障壁となりがちです。しかし、乗り換えキャンペーンを利用することで、この負担を大幅に軽減することが可能です。

キャンペーンの詳細条件をよく確認し、自分にとって最適なサービスを見極めることが大切です。

結果として、より良いウォーターサーバー生活を送ることができるはずです。乗り換えを検討している方は、この機会に様々なキャンペーンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする
[addtoany]

この記事を書いた人

本多大輔

本多大輔

浄水navi編集部の本多大輔です!編集者として活動しています。
ウォーターサーバーは毎日の忙しい朝の準備や仕事の合間に、冷水や温水を手軽に利用することができるので、ついついたくさんのお茶や簡単なスープを飲んでしまいます。新鮮でクリーンな水を提供してくれる点も嬉しいポイントです!
ちなみに、サッカーが大好きです。

関連記事

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ