長期不在時にウォーターサーバーはどうしたらいい?留守中の取扱い方法を紹介

PR

旅行や出張、そして長期の帰省などで自宅を空ける予定がある際、私たちの生活に欠かせないウォーターサーバーの扱いについて、どのように対応すれば良いのか悩むことがあります。

特に長期間家を空ける場合、ウォーターサーバーの電源をどうするか、水の衛生状態をどのように保つかが重要な問題となります。

この記事では、不在期間別のウォーターサーバーの適切な対応方法と、その理由について詳しく解説します。

不在期間別の対応方法と対応が変わる理由

ウォーターサーバーの扱い方は、留守の期間によって異なります。短期間の不在から長期間の不在まで、それぞれのケースで適切な対処方法があり、その主な理由は衛生面にあります。

さあ、それでは不在期間別にどのような対応をすれば良いのか見ていきましょう。

不在期間が1か月未満の場合

もし不在期間が1か月未満であれば、ウォーターサーバーの電源は入れたままにしておくことを推奨します。これは、サーバー内部の水が腐敗を防ぎ、清潔な状態を維持するためです。

特に、温水機能がある場合は、温水のスイッチもONにしておくことが望ましいです。

不在期間が1か月以上2か月未満の場合

1か月以上、しかし2か月未満の留守を予定している場合、やはり電源を入れた状態での放置が推奨されます。

この期間内であれば、水質の劣化を最小限に抑えることができ、帰宅後すぐに新鮮な水を利用することが可能です。

電源を入れて放置しておく理由は衛生面のため

ここで重要なのは、なぜ電源を入れたままにしておくべきなのかという理由です。ウォーターサーバー内の水は、一定の温度を保つことで、水質の安定と衛生的な状態を維持します。電源を切ってしまうと、温度が不安定になり、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまう恐れがあるのです。そのため、衛生面を考慮し、

電源を入れた状態での放置が推奨されるわけです。

特に、温水機能を持つサーバーでは、温水が一定の温度を保つことで雑菌の繁殖を防ぐ効果も期待できます。また、温水機能がある場合には、温水スイッチもONにしておくことで、サーバーの内部を常に清潔な状態に保つことができます。

温水スイッチもONにしておく

長期間家を空ける際、ウォーターサーバーの温水スイッチをONにしておくことは、想像以上に重要です。これは、温水機能を使用することで内部の水を一定の温度に保ち、雑菌の繁殖を抑制する効果が期待できるためです。

特に、冷えた状態の水よりも温められた水の方が雑菌が繁殖しにくいという科学的根拠に基づいています。また、温水スイッチをONにしておくことで、帰宅後すぐに温かい飲み物を楽しむことができるなど、利便性の面でもメリットがあります。

エコモードはオフにしておく

多くのウォーターサーバーに搭載されているエコモードですが、長期不在の際はこの機能をオフに設定することをおすすめします。エコモードが作動していると、一定の時間が経過すると自動的に電力消費を抑えるために温度管理が緩和され、それが雑菌の繁殖に繋がる可能性があります。

そのため、長期間家を空ける際は、エコモードをオフにして、温水スイッチをONにすることで、水の品質を維持することが重要です。

不在期間が2か月以上の場合

不在期間が2か月以上に及ぶ場合、ウォーターサーバーの扱いはさらに慎重になります。この場合は、ウォーターサーバーの電源を切り、加えて水抜きを行う必要があります。長期間使用しないことで内部に残った水が原因で雑菌が繁殖したり、悪臭の原因となることを防ぐためです。

また、サーバー内部の清潔を保つことで、帰宅後に安心して使用を再開できます。

ウォーターサーバーの水抜き方法

水滴, 自然, 落とす, 影響, 波紋, 水, 表面張力, 水面, 滴, 水ウォーターサーバーの水抜き方法は、モデルによって異なる場合がありますが、基本的な手順としては以下の通りです。

まず、電源をオフにしてから、サーバーの水ボトルを取り外します。

次に、冷水および温水の蛇口を開いて、内部の水をすべて排出させます。一部のウォーターサーバーには、背面や底部に特別な排水口が設けられている場合があるので、そこからも水を抜く必要があるかもしれません。

水抜き作業は、帰宅後のウォーターサーバーの快適な再使用のために、非常に重要なステップです。

留守明けの利用再開時は必ずお手入れから

長期不在からの帰宅は、日常への復帰だけでなく、家庭内の機器の手入れも伴います。特に、ウォーターサーバーのように日々の生活で頻繁に使用する機器は、留守明けには適切なお手入れが必須です。

ここでは、ウォーターサーバーを長期間使用しなかった後の、利用再開に向けたお手入れ方法を詳細にご紹介します。

①サーバー本体を拭く

長期不在から戻った際、まず行うべきはサーバー本体の拭き掃除です。埃や汚れが溜まっている可能性が高いため、まずは乾いた布または少し湿らせた布で丁寧に拭き取りましょう。この際、サーバーの表面だけでなく、隅々まで手をかけることが大切です。

②サーバー裏の埃を吸い取る

次に、サーバー裏の埃を掃除します。長期間の不在中には、サーバー裏にもほこりが溜まりやすいです。掃除機の細いノズルを使用して、埃を吸い取りましょう。この作業により、サーバーの通気性が保たれ、効率的な動作が期待できます。

③給水口を掃除する

給水口の掃除も欠かせません。給水口は水が通る場所であり、清潔に保つことが重要です。柔らかいブラシや綿棒を使用して、給水口を丁寧に掃除しましょう。必要に応じて、適量のアルコールで消毒することもおすすめします。

④ボトル差込口を消毒する

ボトル差込口の消毒は、安全な水の供給に直結する重要なステップです。新しいボトルをセットする前に、アルコールスプレーや除菌用のウェットティッシュを使って、ボトル差込口を丁寧に拭きましょう。

これにより、不在中に溜まった可能性のある細菌や汚れを効果的に除去できます。

⑤水の受け皿を洗う

最後に、水の受け皿の洗浄を行います。使用していない間に、受け皿にほこりが溜まったり、水滴が蒸発して汚れが固まったりすることがあります。受け皿をサーバーから取り外し、中性洗剤を用いて洗い、しっかりと乾燥させてから再びセットしましょう。

これにより、キレイな状態で水を受けることができ、衛生的な使用が保証されます。

 

これらのステップを踏むことで、長期不在後のウォーターサーバーの利用再開を安全かつ衛生的に行うことができます。お手入れは少々手間がかかるかもしれませんが、家族の健康を守るためにも、ぜひ丁寧に行ってください。

長期不在時は配送休止の手続きを忘れずに

水, 落とす, 液体, スプラッシュ, 濡れた, 綺麗, 晴れ, リップル長期不在時には、ウォーターサーバーの水の配送を一時的に停止することが可能です。

これにより、無駄な配送を避け、帰宅後に古い水を使い切る必要がなくなります。多くのウォーターサーバー会社では、オンラインや電話で簡単に休止手続きを行うことができます。留守前には、必ず配送スケジュールの確認と休止の手続きを済ませておきましょう。

これにより、帰宅後も新鮮な水をすぐに利用できるようになります。

消費電力を押えられるおすすめのウォーターサーバー3選

電気代の節約を図るためにも、消費電力を押えられるウォーターサーバーの選択は重要なポイントになります。ここでは、これらのアクションに焦点を当て、おすすめのウォーターサーバー3選を紹介します。

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスは、その省エネ性能の高さで知られています。最新の省エネ技術を採用しており、電気代を大幅に削減できるのが特徴です。加えて、スタイリッシュなデザインと、操作の簡単さも魅力的。消費電力を気にする方だけでなく、デザインを重視する方にもおすすめのウォーターサーバーです。

楽水ウォーターサーバー

楽水ウォーターサーバーは、コストパフォーマンスに優れたモデルとして注目されています。一般家庭用の電気代を意識した設計がされており、長期間の使用でも電気料金の心配が少ないのが大きな利点です。また、水の種類を選べるオプションも魅力の一つです。

ビビウォーター

ビビウォーターは、高い浄水機能省エネ性能を兼ね備えたウォーターサーバーです。特に、長期不在時でも電源を切ることなく、電気代の節約が見込めるエコモード機能が好評。デザイン性も高く、機能性と見た目の両方を求めるユーザーに最適な選択肢となっています。

まとめ

飲む, ライム, 水, カップ, 消石灰, デトックス, デトックス水ウォーターサーバーを利用する際、長期不在時の対応は非常に重要です。不在期間が1ヶ月未満か、それ以上かによって、取り扱いが大きく異なるため、事前の準備が必要になります。特に、電源を入れたままにするか、水抜きをする必要があるかは、衛生面と電気代の節約に直結します。また、長期不在時には、配送休止の手続きを忘れずに行うことが大切です。

消費電力を抑えることもウォーターサーバー選びの重要なポイントです。エブリィフレシャス、楽水ウォーターサーバー、ビビウォーターなど、省エネ性能に優れたモデルを選択することで、長期的なコスト削減につながります。

留守明けの利用再開時には、サーバーのお手入れから始めることをお忘れなく。サーバー本体や給水口の清掃、ボトル差込口の消毒などを行うことで、安全においしい水を楽しむことができます。

ウォーターサーバーの適切な管理と選択によって、安心して快適な生活を送ることが可能です。上記のポイントを参考に、日常生活でのウォーターサーバー利用をより良いものにしましょう。

この記事をシェアする
[addtoany]

この記事を書いた人

本多大輔

本多大輔

浄水navi編集部の本多大輔です!編集者として活動しています。
ウォーターサーバーは毎日の忙しい朝の準備や仕事の合間に、冷水や温水を手軽に利用することができるので、ついついたくさんのお茶や簡単なスープを飲んでしまいます。新鮮でクリーンな水を提供してくれる点も嬉しいポイントです!
ちなみに、サッカーが大好きです。

関連記事

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ