ウォーターサーバーは長期間放置しても大丈夫?留守中の取り扱い方法を紹介

PR

コックを一ひねりするだけで、おいしい冷水や熱湯が出てくるウォーターサーバー。毎日の生活に欠かせないこの便利なアイテムですが、仕事や旅行で長期間家を空けるとき、サーバーの水を放置しても大丈夫なのか、心配になりますよね。

「水の水質は保たれるのか」「サーバーの衛生面は大丈夫か」といった疑問が浮かびます。

そこで今回は、水やサーバーを放置することで起こり得る問題や、長期間放置する場合の対処法をご紹介します。

安心してウォーターサーバーを利用し続けるためにも、ぜひ参考にしてください。

ウォーターサーバーの水は放置すると腐る

ウォーターサーバーの水を長期間放置すると、水質の劣化が進み、最悪の場合、水が腐る原因になります。水自体は無機物で、「腐る」という表現は正確ではありませんが、放置することで雑菌の繁殖が促され、水が濁り、異臭を放つようになります。

これは、水の中の微生物が増殖し、水質を悪化させるためです。ウォーターサーバーを安全に使うためには、正しい取り扱いが必須です。

水の中で雑菌が繁殖してしまう

水滴, 自然, 落とす, 影響, 波紋, 水, 表面張力, 水面, 滴, 水ウォーターサーバーで使用される水は、工場で品質管理され、衛生的にボトリングされています。しかし、一度サーバーにセットされ、空気に触れると徐々に水質が変化し始めます。

特に、水道水と異なり、塩素で殺菌されていないため、空気に触れた状態で長期間放置すると、水中で雑菌が繁殖しやすくなります。これが、水質を悪化させる大きな原因の一つです。

放置した水を飲んでしまうと体調を崩す原因に…

放置した水をそのまま飲用すると、体調を崩す原因になり得ます。雑菌が繁殖した水を飲むことで、食中毒のような症状を引き起こすことがあります。

さらに、水質の劣化による悪臭や異味が気分を悪くさせることも。健康を守るためにも、長期間家を空ける場合は、水の管理には特に注意が必要です。正しい知識と対策で、安全なウォーターサーバーの利用を心掛けましょう。

ウォーターサーバーの水の種類によっても賞味期限の長さが異なる

ウォーターサーバーで利用される水には大きく分けて二つの種類があります:天然水RO水。これらの水の種類によって、賞味期限が大きく異なります。理由は、それぞれの水の処理方法と、含まれる成分が異なるためです。

この違いを知ることは、ウォーターサーバーの水を安全に楽しむために非常に重要です。

天然水の場合は3ヶ月~半年ほど

水, 水滴, 波紋, 波, 小さな波, 滴, 滴下, 自然, 液体, 水, 水天然水は、その名の通り自然界から採取された水です。山や湧き水などから採られ、必要最小限の処理を経てボトルに詰められます。

この天然水の賞味期限は一般的に3ヶ月から半年程度とされています。天然水は、ミネラルなどの自然由来の成分が豊富に含まれているため、それらの成分が時間の経過と共に水質に影響を与えることが賞味期限を決定づける要因の一つです。

RO水の場合は半年~1年ほど

一方、RO水(逆浸透膜水)は、水を特殊なフィルターで細かく濾過し、不純物やミネラルを取り除いた水です。この処理により、非常に純度の高い水が得られます。RO水の賞味期限は半年から1年ほどとされており、天然水に比べて長めです。

これは、不純物がほとんど含まれていないため、水質が変化しにくいという特性によるものです。

ボトルを開封前と開封後でも賞味期限は異なる

ウォーターサーバーの水を保管する際には、ボトルが開封されているかどうかで賞味期限が大きく変わります。これは、開封することで水が外部の空気に触れ、その品質が変化し始めるからです。

未開封時の賞味期限の目安は約半年~1年

ウォーターサーバーのボトルを未開封の状態で保管している場合、賞味期限は一般的に約半年から1年程度です。未開封であれば、水が外部環境の影響を受けることは少なく、長期間水質を保持することができます。

開封済みは1ヶ月以内

ガラス, 水, スプラッシュ, アイスキューブ, 氷, 注ぐ, 飲む, 飲料しかし、ボトルを開封した後は、賞味期限が大幅に短くなり、1ヶ月以内に使用することが推奨されます。開封により水が空気に触れ、雑菌の繁殖が促されやすくなるため、この期間を過ぎると水質の劣化が進み、飲用に適さなくなる可能性があります。

特に暖かい季節や衛生状態が良くない環境では、より早く水質の変化が見られることがありますので、注意が必要です。

ウォーターサーバーの設置場所や水の保管場所に注意!

ウォーターサーバーとその水の保管場所を選ぶ際には、品質を維持するための環境が非常に重要になります。ここでは、最適な設置場所水の保管方法についてのポイントをご紹介します。

直射日光を避けて風通しの良いところがベスト!

日光, 自然, 屋外, サンビーム, 風景, 木, 景色, 照らされた, 日光ウォーターサーバー本体とボトルの両方にとって、直射日光は避けるべきです。直射日光が当たると、水温が上昇し、その結果、水質が劣化するリスクが高まります。

また、ウォーターサーバー自体の機能障害の原因にもなりかねません。設置場所は、風通しの良い冷暗所が理想的です。これにより、水の鮮度を保ち、サーバーの長寿命化にもつながります。

ボトルの保管はにおいのつかないところが〇

ボトルを保管する際には、においの移りにも注意が必要です。特に、食品や洗剤などのにおいが強いものの近くでの保管は避けましょう。

においは、プラスチックボトルを通して水に移りやすく、水を使用する際に不快な味やにおいの原因となります。保管場所は、清潔でにおいの少ない場所を選び、水の品質を守りましょう。

ウォーターサーバーの電源は入れて放置してもOK

ウォーターサーバーを使う際、特に長期間家を留守にする場合に、電源をどうするかが気になるところです。ここでは、電源を入れた状態での放置がなぜ推奨されるのか、その理由を解説します。

電源を抜いてしまうと雑菌繁殖の原因に

サーバーの電源を切ってしまうと、内部で雑菌が繁殖しやすくなります。特に、温水機能が停止することで、適温を保てなくなり、雑菌の温床となり得ます。電源を入れたままにしておくことで、サーバー内の水が適切な温度で保たれ、衛生的に利用できる状態を維持できます。

空焚き防止のために水を補充しておく

水, ガラス, 傾いた, 晴れ, 飲む, 液体, 斜め, インセプション長期間使用しない場合でも、サーバーのタンク内には一定量の水を保持しておくことが重要です。これにより、空焚きを防ぎ、サーバーの故障を避けることができます。空焚きは、サーバーの損傷だけでなく、消火器が必要なほどの火災リスクをもたらす可能性があるため、特に注意が必要です。

長期間放置したら必ず捨て水を!

長期間サーバーを使用しなかった場合、再開前には捨て水を行うことが推奨されます。これは、サーバー内部や配管に滞留していた古い水を一度排出し、新鮮な水に入れ替えるためです。捨て水をすることで、水質を改善し、安全に利用するための重要なステップとなります。

 

これらのポイントを守ることで、ウォーターサーバーとその水を安全かつ衛生的に長期間使用することが可能になります。

ウォーターサーバーを1ヶ月以上放置する場合は電源を抜いておく

ウォーターサーバーを1ヶ月以上使用しない予定がある場合、サーバーの電源を抜いておくことが推奨されます。この対応には、電気料金の節約と、ウォーターサーバーのメンテナンスの両面から大きな利点があります。

電気料金が高額になってしまうため

ウォーターサーバーは、温水機能や冷水機能を維持するために、常時電力を消費します。長期間家を空ける場合、使用していないのに電気料金だけがかさんでしまうことになりかねません。電源を抜くことで、この無駄な電力消費を抑え、経済的なメリットを享受できます。

ウォーターサーバーの水抜きも忘れずにしておく

電源を抜くだけでなく、ウォーターサーバー内の水抜きを行うことも重要です。水抜きを怠ると、サーバー内部に残った水が原因で雑菌が繁殖したり、悪臭の原因になることがあります。また、長期間の放置による故障を防ぐためにも、適切なメンテナンスを行うことが推奨されます。

衛生面の維持がしやすいウォーターサーバー

水, 落とす, 波, 濡れた, 液体, スプラッシュ, 青, 晴れ, しぶきウォーターサーバーを選ぶ際には、衛生面の維持がしやすいかどうかも重要なポイントになります。特にエブリフレシャスビビウォーターは、その点で高い評価を受けています。

エブリフレシャス

エブリフレシャスは、使いやすさと衛生面の両方を考慮したウォーターサーバーです。定期的なメンテナンスが容易であり、衛生的な状態を保ちやすい設計が特徴です。このため、家庭での日常使用において、常に清潔な水を提供できることが保証されます。

ビビウォーター

ビビウォーターは、浄水型ウォーターサーバーの利点を生かした製品です。水道水を直接使用して美味しい水が飲めるという点が最大の特徴で、プラスチックボトルの使用を削減できるため、環境にやさしい選択肢と言えます。また、貯水タンクが取り外し可能で、定期的な清掃が容易に行える点も魅力です。

 

これらのウォーターサーバーは、衛生面を維持しやすく、日々の使用においても安心して利用できる製品として高く評価されています。長期間放置する可能性がある場合でも、これらのウォーターサーバーなら、安心して衛生的な水の提供を継続できるでしょう。

まとめ

落とす, スプラッシュ, 影響, 波紋, 水, 波及効果, 波, マクロ, 滴下ウォーターサーバーを選ぶ際には、その便利さと共に、衛生面やメンテナンス、さらには経済的な側面も大きな関心事です。長期間家を空ける場合の対応や、賞味期限、電源の扱い方など、正しい知識が必要となります。ウォーターサーバーの種類、特に浄水型ウォーターサーバーは、その使い勝手の良さとエコフレンドリーな側面で注目を集めています。

浄水型ウォーターサーバーは、水道水を直接利用し、高い浄水能力によって美味しいお水を提供します。これにより、ボトルの配送や保管に関する手間が省け、使い放題のコンセプトは家計にも優しく、日々の生活においても大きな利点となります。また、エブリフレシャスビビウォーターのようなブランドは、ユーザーの安全と便利さを追求し、洗練されたデザインで生活空間にも溶け込みます。

さて、ウォーターサーバーについてのこの解説を読んだ後、もし更に詳細な情報をお求めの方や、自分にとって最適なウォーターサーバーを見つけたい方は、ぜひ浄水ナビをご覧ください。様々なウォーターサーバーの比較情報や、ユーザーのレビュー、そして最新のキャンペーン情報など、豊富な内容であなたのウォーターサーバー選びをサポートします。

ウォーターサーバー選びで後悔しないためにも、しっかりと情報収集をし、日々の生活に溶け込む最適な一台を見つけましょう。

この記事をシェアする
[addtoany]

この記事を書いた人

本多大輔

本多大輔

浄水navi編集部の本多大輔です!編集者として活動しています。
ウォーターサーバーは毎日の忙しい朝の準備や仕事の合間に、冷水や温水を手軽に利用することができるので、ついついたくさんのお茶や簡単なスープを飲んでしまいます。新鮮でクリーンな水を提供してくれる点も嬉しいポイントです!
ちなみに、サッカーが大好きです。

関連記事

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ