ウォーターサーバーが無料で設置できるからくりとは?罠だと言われる理由を解説

PR

お家でいつでも冷水・温水を飲めるウォーターサーバー。その設置が無料、あるいは0円で可能だと宣伝されているものが多く見られます。しかし、なぜ無料で提供できるのか、何か裏があるのではないかと疑問を持つ方も少なくありません。

今回は、ウォーターサーバーが無料となる仕組みと、そのからくりに隠された「罠」があるのかどうかについて、詳しく解説していきます。

導入を検討している方は、是非参考にしてください。

ウォーターサーバーが無料のからくりとは?

レンタル無料なのはサーバー本体のみ

ウォーターサーバーが無料である場合、そのほとんどがサーバー本体のレンタル料が0円であることを意味します。

しかしこの場合、水の利用料金は別途発生します。多くのサービスで、毎月一定量の水を購入することが契約条件となっており、この水代で会社は収益を上げています。

また、最低利用期間が設定されており、その間は定期的に水代が発生し続けるため、サーバー代が無料でも、トータルで見ればコストがかかることになります。

天然水サーバーは原価がほぼ0円なので本体レンタル無料

天然水サーバーの場合、地下水や湧き水など自然由来の水を使用しているため、原価は非常に低い、ほぼ0円に近いとされます。これにより、水に価格を設定し販売することで、サーバー本体のレンタル料を無料にしても利益を確保できます。

つまり、メーカーは水代だけで十分な収益を得ることができるので、サーバー代が無料でも、それ自体は罠ではないと言えます。

水道水サーバーは水代が取れないので本体のレンタル代がかかる

水滴, 自然, 落とす, 影響, 波紋, 水, 表面張力, 水面, 滴, 水一方で、水道水を使用するタイプのウォーターサーバーの場合、サーバー代が無料ではありません。水道水を利用するため、水自体にかかる費用がほとんどかからないのですが、その分サーバーのレンタル料を有料にして利益を確保します。

これは、メーカーがサーバーの提供とメンテナンスにかかるコストをカバーするために必要な措置です。

つまり、水道水サーバーを選択する場合は、水代は安く済むものの、サーバー本体のレンタル料が必要になります。

ウォーターサーバー無料が罠だと言われる理由

ウォーターサーバーの無料提供が罠だと言われる背景には、いくつかの理由があります。

消費者が魅力的に感じる「無料」のオファーの裏で、予想外のコストが発生することが少なくありません。

以下で、その主な理由を掘り下げてみましょう。

イベントでの勧誘による契約内容の行き違いがある

ショッピングモールやイベント会場で行われるウォーターサーバーの勧誘は、その場の雰囲気に流されやすく、後から契約内容について疑問や不満を抱くことがあります。勧誘員は契約数を伸ばすことを目的にしているため、無料のサーバー設置の魅力的な部分だけを強調し、水代や解約金などの重要な情報を省略する傾向にあります。

このような状況は、契約内容に関する誤解や行き違いを生み出しやすいです。

しつこい営業をする業者もある

男, 携帯電話, タキシード, 起業家, 事業, 仕事, 電話, 細胞, 若ウォーターサーバーの無料提供を装った営業手法も問題です。

特に、電話での営業がしつこい場合、消費者は圧迫感を感じることがあります。無料であることを強調され、さまざまなメリットが語られても、その裏には水代や電気代など、追加で発生するコストについての説明が不足していることが多いです。

これらの営業手法により、消費者は思わぬ出費を強いられるケースがあります。

市販の水より高い場合がある

ウォーターサーバーの利用で最も注意すべき点は、コストパフォーマンスです。サーバーが無料であっても、実際に利用してみると、市販の水を購入するよりも高額な水代がかかることがあります。24Lの水をウォーターサーバーで購入すると、2,400円~4,000円程度かかる場合がありますが、市販の水だと2,000円以内で済むことも多いです。

このように、見た目上の節約と実際の支出が異なるため、ウォーターサーバーの「無料」が罠だと感じる消費者が後を絶ちません。

 

ウォーターサーバーを選択する際は、無料提供の裏に隠された実際のコストに注意し、総合的な費用を考慮することが重要です。これにより、後悔のない選択をすることができます。

ウォーターサーバーの無料特典・キャンペーンは4種類

ウォーターサーバーを導入する際、多くの企業が様々な無料特典やキャンペーンを提供しています。これらは新規顧客の獲得やサービスの普及を目的としており、消費者にとって魅力的なメリットを享受できる絶好の機会となります。

主なキャンペーンには、以下の4種類があります。

新規申込みキャンペーン

クリスマス, プレゼント, ギフト, 冬, 12月, 青色発表, 青ギフト新規にウォーターサーバーを申し込む顧客を対象にしたキャンペーンです。サーバーの無料レンタル初回の水ボトル提供無料、さらにはギフトカードのプレゼントなど、申し込みを促すための特典が豊富に用意されています。これらのキャンペーンは、サービスを始めてみたいと考えている人にとって、コストを抑えて試せる絶好のチャンスです。

乗り換えキャンペーン

他社のウォーターサーバーから乗り換える顧客を対象にしたキャンペーンで、解約金のサポートや特別割引など、乗り換えることのハードルを下げるための支援が充実しています。

このキャンペーンを利用することで、サービスの質やコストパフォーマンスに不満を感じていた利用者も、リスクなく新しいサービスへと移行できるようになります。

赤ちゃん・ママ向け専用プラン

母親, 子供, 家族, 肖像画, 議事録, 母性, 娘, 女性, 赤ちゃんこのプランは、赤ちゃんや小さな子どもがいる家庭向けに特化したキャンペーンです。赤ちゃんのミルク作りに便利な温水機能付きサーバーや、水の安全性に特に配慮したサービス提供が特徴です。

さらに、育児中の家庭を応援するために、水ボトルの割引や無料提供、お得な定額プランなどが用意されています。

無料モニター

無料モニターは、一定期間ウォーターサーバーを無料で試用できるキャンペーンです。通常は1週間から1ヶ月程度で、サーバーの利便性や水の味を実際に体験できます。この期間中には、何本かの水ボトルも無料で提供されることが多く、サービスに納得できればそのまま契約へと進むことができます。契約前に試せるため、後悔することなく最適なサービスを選ぶことが可能になります。

 

これらのキャンペーンは、ウォーターサーバー選びにおいて大きな判断材料となります。自身のライフスタイルやニーズに合ったキャンペーンを利用することで、より満足度の高いウォーターサーバーライフを送ることができるでしょう。

ウォーターサーバーを契約するメリット

ウォーターサーバーを自宅やオフィスに導入することは、快適な生活や働き方に直結する多くのメリットをもたらします。

ここでは、ウォーターサーバーを選択する際に最も重要視されるべき利点を3つに分けてご紹介します。

冷水や温水がすぐに使える

ガラス, 水, アイスキューブ, 飲む, 寒い, 青, コップ1杯の水, 自然ウォーターサーバー最大の魅力は、ボタンひとつで即座に冷水や温水を利用できることです。夏場は瞬時に冷たい水を、冬場は温かい飲み物を手軽に準備することが可能になります。この即時性は、忙しい毎日の中で時間を節約し、生活をより快適にするための重要な要素です。

特に、ホットドリンクを好む人や、即席食品を頻繁に利用する方にとっては、キッチンでわざわざお湯を沸かす手間を省けるので、非常に便利です。

重たい水の持ち運びが不要

水を購入して自宅まで運ぶことは、特に高齢者や小さな子どもがいる家庭では大きな負担となり得ます。ウォーターサーバーを利用することで、重たいボトル水を買いに行く手間や、それを運ぶ労力を完全に解消できます。

また、水を運ぶことによる腰や肩への負担もなくなるため、健康を守る観点からもメリットは大きいです。水の宅配サービスを利用すれば、定期的に自宅まで配送してもらえるため、日常生活のストレスを大幅に減少させることができます。

気軽に水分補給ができる

水, ガラス, 氷, 注ぐ, 水を注ぐ, 氷水, 冷水, スプラッシュ人体にとって水分補給は非常に重要です。ウォーターサーバーがあれば、いつでも新鮮で美味しい水を摂取することができ、健康的な生活習慣を促進します。デスクワーク中や家事の合間に、手軽に水分を取ることができるので、熱中症予防美容ダイエットにも効果的です。また、水を飲む習慣が身につくことで、自然と健康に良いライフスタイルを実現できます。

ウォーターサーバーを利用することで、日々の生活がより便利で快適になるだけでなく、健康的な習慣もサポートされます。

 

このようなメリットを踏まえ、自分や家族のライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選択することが、より良い毎日への第一歩となるでしょう。

ウォーターサーバーを契約するデメリット

ウォーターサーバーの導入は、多くのメリットを提供しますが、契約前にはデメリットも十分に理解しておくことが重要です。

ここでは、ウォーターサーバーの利用に伴う主なデメリットを詳しく解説します。

水代や電気代がかかる

ウォーターサーバーを利用する上で避けられないのが、水代と電気代です。サーバーを無料で設置できたとしても、実際には水の購入費用がかかり、これが家計に負担となることもあります。

また、サーバーを動かすためには電力を消費するため、電気代も増加する傾向にあります。

一般的に、ウォーターサーバーの電気代は月に500円から1,000円程度加算されると考えられていますが、使用状況によってはこれ以上になることもあります。

設置場所や保管場所の確保が必要

家具, リビングルーム, モダン, インテリア デザイン, 家, 家の家具ウォーターサーバーを自宅に導入する際、サーバー自体と水ボトルを置くためのスペースが必要です。特に床置きタイプのサーバーは場所を取るため、限られたスペースの中での設置には工夫が求められます。さらに、定期的に配送される水ボトルの保管場所も考慮する必要があり、これらがストレスの原因となることも少なくありません。

サーバーと水ボトルを収納するためには、キッチンやリビングなどの利用頻度の高い場所を有効活用する計画が必要です。

定期的なメンテナンスが必要

ウォーターサーバーを清潔に保ち、安全に水を飲み続けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。これには、サーバーの外部だけでなく、内部のクリーニングも含まれます。多くの場合、メーカーが年に1回程度のプロによる内部メンテナンスを行いますが、日常的にユーザーが行うべきメンテナンスもあり、この手間がデメリットと感じる人もいます。

特に、水の入れ替えの際には、サーバーの水受け皿や給水口周辺を定期的に掃除することが推奨されており、これを怠ると衛生面での問題が生じる可能性があります。

ウォーターサーバーの契約に際しては、これらのデメリットも踏まえた上で、家庭のライフスタイルや予算に合わせた選択をすることが大切です。

レンタル無料のおすすめウォーターサーバー

ウォーターサーバーの選択肢は多岐にわたりますが、特にコストパフォーマンスに優れたレンタル無料のオプションに注目が集まっています。以下では、水代のみで利用可能なコスモウォーター、業界最安値を誇るワンウェイウォーター、そして水のおいしさに徹底的にこだわっているクリクラの三つのブランドを紹介します。

それぞれには独自のメリットがあり、あなたのライフスタイルや予算に応じた選択が可能です。

水代のみのコスモウォーター

コスモウォーターは、初期費用やレンタル料なしで、毎月の水代のみで利用できる点が大きな魅力です。このプランは、家計にやさしく、また使い勝手の良さで多くの家庭から支持を得ています。

さらに、ユーザーの利便性を考え、ボトルの設置が簡単な点もポイント。

力に自信のない方や高齢者でも、簡単にボトル交換ができます。不在時の配達サービスも充実しており、忙しい現代人にぴったりのサービスを提供しています。

業界最安値のワンウェイウォーター

ワンウェイウォーターは、その業界最安値をウリにしています。毎月の出費を最小限に抑えたいと考えているユーザーにとって、このブランドは非常に魅力的な選択肢です。コストパフォーマンスの高さだけでなく、ボトルのリサイクルシステムも環境に優しく、サステナビリティを重視する方にもおすすめです。

使いやすさと経済性を兼ね備えたワンウェイウォーターは、スマートなライフスタイルを求めるあなたに最適な選択と言えるでしょう。

 

水のおいしさにこだわっているクリクラ

クリクラは、水のおいしさに特化したウォーターサーバーです。厳しい品質管理のもと、安全で美味しい水を提供することにこだわっています。水質の良さはもちろんのこと、サーバーのデザイン性や操作性にも優れており、使うたびに満足感を得られます。

クリクラは、毎日の水分補給を大切にする健康志向の方や、水の味に敏感な方にとって、最適な選択肢となるでしょう。

おすすめのウォーターサーバーを比較してみよう

ウォーターサーバーを選ぶ際には、さまざまな要素が重要になってきます。「浄水型ウォーターサーバー」は特に人気があり、その選択肢は年々増加しています。人気の浄水型ウォーターサーバーTOP10を徹底比較し、あなたのニーズに合った最適なサーバーを見つけることができます。

比較ポイントには、サーバーのタイプ(床置き・卓上)、月額料金、フィルター交換の有無、水温(冷水・常温水・温水・高温水)、さらには1人暮らしから4人以上のご家庭用、ECO機能搭載、チャイルドロック付き、デザイン性、初期費用無料、メンテナンスのしやすさ、衛生管理の万全さ、赤ちゃんのミルク作りに最適など、多様なこだわり条件が設定されています。

浄水ナビでは、これらの条件を選んで、自分にぴったりのウォーターサーバーを簡単に検索できます。人気ランキングTOP10では、各サーバーがどのような特徴を持っているか、総合評価と共に紹介されています。この比較を通じて、お部屋のインテリアにこだわりがある方、一人暮らしの方、設置スペースが限られている方、ご家族で暮らしている方など、さまざまなライフスタイルに合わせたウォーターサーバーを見つけることができるでしょう。

まとめ

落とす, スプラッシュ, 影響, 波紋, 水, 波及効果, 波, マクロ, 滴下

ウォーターサーバーを選ぶ際は、無料のレンタルオファーが罠かどうか、メリットとデメリット、さらにはコストパフォーマンスに優れたおすすめのウォーターサーバーメーカーの情報など、様々な視点から検討することが重要です。特に、サーバーの無料提供が実際には月々の水代や電気代、定期的なメンテナンス費用など、見落としがちな追加コストを伴うこともあり得るため、全体的なコストを考慮することが必須です。

また、サーバーを選ぶ際には、冷水や温水の提供、重たい水の運搬の不要性、手軽な水分補給の可能性など、生活の利便性を高めるメリットも忘れずに評価すべきです。一方で、水代や電気代の負担、設置場所や保管場所の必要性、定期的なメンテナンスの手間など、いくつかのデメリットも理解しておく必要があります。

さらに、レンタル料が無料のウォーターサーバーメーカーを選ぶ際には、コスモウォーター、ワンウェイウォーター、クリクラなど、各メーカーの提供する特長やサービス内容を比較検討することがおすすめです。これらのメーカーは、それぞれにユニークなサービスや水の品質、コストパフォーマンスに優れています。

比較サイトやランキング、ユーザーレビューなどの情報を参考にしながら、あなたとあなたの家族に最適なウォーターサーバーを見つけましょう。

この記事をシェアする
[addtoany]

この記事を書いた人

本多大輔

本多大輔

浄水navi編集部の本多大輔です!編集者として活動しています。
ウォーターサーバーは毎日の忙しい朝の準備や仕事の合間に、冷水や温水を手軽に利用することができるので、ついついたくさんのお茶や簡単なスープを飲んでしまいます。新鮮でクリーンな水を提供してくれる点も嬉しいポイントです!
ちなみに、サッカーが大好きです。

関連記事

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ