オフィス・法人向けウォーターサーバー10選!会社に置くメリットとは

PR

オフィスや法人でウォーターサーバーを導入する際、最も気になるのはそのコストです。どれだけの予算を見積もれば良いのか、実際にかかる費用とその内訳を把握することは、賢明な選択をする上で不可欠です。

本記事では、法人利用のウォーターサーバーにかかるコストとその詳細について、具体的な数字を交えて解説します。

法人利用のウォーターサーバーのコストはどれくらい?

毎月の一人あたりにかかる水の値段

ウォーターサーバーのコストにおいて最も大きな割合を占めるのは、水の値段です。1人当たりにかかる月間の水代は、消費量と契約プランによって大きく異なります。例えば、1人が毎日平均200mlの水を飲む場合、そのコストを詳細に計算することが重要です。

【表】1人あたりの水消費量と月額費用の例

消費量(1日あたり) 月間消費量(約30日換算) 水の単価 月額費用
200ml 6L 100円/L 600円
500ml 15L 100円/L 1,500円
1L 30L 100円/L 3,000円

利用人数ごとに月額料金シミュレーション

法人でウォーターサーバーを利用する場合、全従業員の消費量を考慮して総コストを計算する必要があります。従業員数が多ければ多いほど、水の消費量は増え、それに伴い月額料金も上昇します。

以下の表では、異なる規模のオフィスにおける月額料金のシミュレーションを示します。

【表】利用人数ごとの月額料金シミュレーション

従業員数 1人あたりの月間消費量 合計月間消費量 水の単価 総月額費用
10名 6L 60L 100円/L 6,000円
50名 6L 300L 100円/L 30,000円
100名 6L 600L 100円/L 60,000円

このシミュレーションは、具体的な水消費量や単価に基づくものであり、実際にはサーバーのレンタル料、メンテナンス費用、電気代などの追加コストも考慮する必要があります。

法人・オフィスにおすすめの月額が安いウォーターサーバーランキングTOP10

オフィスや法人向けに最適なウォーターサーバーを選ぶことは、働く環境を快適にし、従業員の満足度を向上させるために重要です。水の質、コスト、メンテナンスのしやすさなど、様々な点を考慮して選ばなければなりません。

ここでは、コストパフォーマンスが高く、オフィスや法人におすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスは、そのコストパフォーマンスの高さで知られています。以下は、エブリィフレシャスに関する具体的な情報を表にまとめたものです。

項目 詳細
月額料金 約4,000円(20名使用の場合)
水の種類 浄水型
特徴 無料メンテナンスサービス、エコモード機能
対象エリア 全国

エブリィフレシャスは、特にコストを重視する企業に最適であり、RO水を使用しているため安定した水質を保てます。また、全国どこでもサービスが利用可能で、定期的なメンテナンスが無料で行われるため、常に清潔な状態を維持できるのが魅力です。

ヴィヴィウォーター

ヴィヴィウォーターもまた、コストパフォーマンスに優れたウォーターサーバーです。以下の表にヴィヴィウォーターの詳細を記載します。

項目 詳細
月額料金 約4,000円(20名使用の場合)
水の種類 天然水
特徴 豊富な水源選択、スタイリッシュなデザイン
対象エリア 全国

ヴィヴィウォーターは、さまざまな水源から選べる自由度の高さが特徴で、オフィスの雰囲気に合わせやすいスタイリッシュなデザインのサーバーを提供しています。また、天然水を利用しており、その味わいの良さも魅力の一つです。

アルピナウォーター

アルピナウォーターは、その経済性と環境に配慮したサービスで注目を集めています。以下の表に、アルピナウォーターの特徴をまとめました。

項目 詳細
月額料金 約12,000円(20名使用の場合)
水の種類 RO水
特徴 省エネ設計、高品質なRO水、全国対応
対象エリア 全国

アルピナウォーターは、コストパフォーマンスと品質のバランスが魅力です。特に、省エネ設計のサーバーを採用していることで、電気代の節約にも貢献します。また、RO水の高い品質管理基準は、安心して利用できるポイントの一つです。

ワンウェイウォーター

ワンウェイウォーターは、使い勝手の良さと経済性で好評です。下記の表に、ワンウェイウォーターの詳細を記載しました。

項目 詳細
月額料金 約13,500円(20名使用の場合)
水の種類 天然水・RO水(選択可)
特徴 ボトル交換の簡便性、コストパフォーマンス
対象エリア 全国

ワンウェイウォーターは、天然水とRO水の選択肢を提供し、それぞれのニーズに応じたサービスを展開しています。特に、ボトル交換のしやすさは、忙しいオフィス環境に最適です。経済的な点も評価され、多くの企業から支持を得ています。

クリクラ

クリクラは、そのコストパフォーマンスと環境配慮の高いサービスで評価されています。以下の表にクリクラの概要を示します。

項目 詳細
月額料金 約15,000円(20名利用の場合)
水の種類 RO水
特徴 省エネモデルの提供、1年に1回のサーバー全交換
対象エリア 全国

クリクラは、全国対応で安定したサービスを提供しており、企業のニーズに柔軟に対応しています。特に、サーバーの全交換サービスは衛生面で高く評価されており、長期的な使用においても信頼性が保たれます。

アクアクララ

アクアクララは、そのデザイン性と機能性で多くのオフィスから選ばれています。アクアクララの特徴を表にまとめました。

項目 詳細
月額料金 約16,200円(20名利用の場合)
水の種類 RO水および天然水
特徴 スタイリッシュなデザイン、2年に1回の全交換サービス
対象エリア 全国

アクアクララは、デザイン性と機能性を兼ね備えたウォーターサーバーを提供しており、特にオフィス環境においてその価値を発揮します。また、定期的な全交換サービスにより、衛生的な水の提供が持続します。

富士の湧水

富士の湧水は、その名の通り、富士山の自然豊かな環境で採取された天然水を提供しています。以下の表に富士の湧水の詳細を示します。

項目 詳細
月額料金 約17,000円(20名利用の場合)
水の種類 天然水
特徴 富士山の天然水、環境に優しい取り組み
対象エリア 全国

富士の湧水は、天然水の中でも比較的リーズナブルな価格設定でありながら、質の高い水を提供していることが特徴です。また、サステナビリティに配慮した企業運営が評価されており、エコロジーを重視する企業に適しています。

信濃湧水

信濃湧水は、長野県の自然に囲まれた地域で採取された水を提供しています。信濃湧水の概要を表にまとめました。

項目 詳細
月額料金 約18,000円(20名利用の場合)
水の種類 天然水
特徴 長野県の天然水、衛生管理に優れた設備
対象エリア 全国

信濃湧水は、清涼感あふれる味わいが特徴で、特に衛生面において高い基準をクリアしています。定期的な品質チェックと先進の浄水技術により、安全かつ健康的な水の供給が可能です。これは、特に衛生を重視するオフィスや公共施設にとって大きなメリットと言えるでしょう。

コスモウォーター

コスモウォーターは、機能性とデザイン性を兼ね備えたウォーターサーバーを提供しています。以下の表でコスモウォーターの詳細を確認できます。

項目 詳細
月額料金 約20,500円(20名利用の場合)
水の種類 天然水、RO水
特徴 デザイン性の高さ、使い勝手の良さ
対象エリア 全国

コスモウォーターの強みは、そのデザイン性多機能性にあります。特に、ボトルの下置きタイプは重いボトルを持ち上げる必要がなく、簡単に交換できるため、使い勝手が非常に良いです。

また、コスモウォーターは、多様なニーズに応えるために、天然水とRO水の選択肢を提供しています。

ハミングウォーター

ハミングウォーターは、使いやすさと環境への配慮を重視したウォーターサーバーを提供しています。下記の表にハミングウォーターの特徴をまとめました。

項目 詳細
月額料金 約21,000円(20名利用の場合)
水の種類 天然水
特徴 環境に優しい取り組み、おしゃれなデザイン
対象エリア 全国

ハミングウォーターは、環境への影響を最小限に抑える取り組みを行っていることが大きな特徴です。リサイクル可能な材料を使用したボトルや、エネルギー効率の良いサーバー設計により、持続可能な消費を促進しています。さらに、そのスタイリッシュなデザインはオフィス空間に洗練された雰囲気をもたらします。

法人・オフィス向けウォーターサーバーの選び方

月額コストと水の種類

法人やオフィスにウォーターサーバーを導入する際、月額コストと水の種類は重要な選択基準です。月額コストは、サーバーのレンタル費、水の料金、メンテナンス費用などが含まれます。水の種類は、一般的に天然水とRO(逆浸透膜)水の二つに大別されます。

以下の表では、一般的なウォーターサーバーの月額コストと水の種類についてまとめています。

水の種類 月額コスト(目安) 特徴
天然水 12,000円〜20,000円 地域の名水を提供
RO水 8,000円〜15,000円 天然水と比較して安全・低価格
浄水型 3,000円〜5,000円 最安

天然水は、その名の通り自然から採取された水で、ミネラルを含んでいます。一方、RO水は、水道水を高度なフィルターで精製した純水で、余計なミネラルや不純物が除去されています。選択する際は、味の好み、コスト、そして利用するオフィスや法人の価値観やイメージに合った水を選ぶことが重要です。

ボトル交換のしやすさ

ボトル交換のしやすさも、ウォーターサーバー選びの大切なポイントです。特に、大規模なオフィスや頻繁に水を消費する環境では、ボトルの交換作業は日常的なものとなります。ボトル交換のしやすさに着目することで、従業員の負担を軽減し、よりスムーズなオフィス運営に寄与します。

ボトル交換のしやすさを左右する要因には、ボトルの重量やデザイン、サーバーの高さなどがあります。下置きタイプのウォーターサーバーは、重いボトルを持ち上げる必要がなく、交換作業が簡単になります。また、一部のウォーターサーバーでは、ボトルが空になると自動で注文が行われるシステムを採用しているため、手間を省くことが可能です。

デザインやサーバーサイズ

サーバー本体のデザイン性で選ぶ

色, 煙, 虹, デザイン, クリエイティブ, カラフル, 効果, フロー

オフィスや店舗に設置するウォーターサーバーは、機能性だけでなく、デザイン性も重要な選択基準です。優れたデザインは、オフィス環境を格上げし、訪れる客に良い印象を与えます。

モダンなオフィスには、スリムでスタイリッシュなサーバーが適しています。また、デザイン性に優れたサーバーは、従業員の気分を高め、効率的な職場環境を促進する効果も期待できます。

色で選ぶ

イースター, イースターエッグ, 卵, カラフル, ハッピー イースター, 色

ウォーターサーバーの選びも重要です。色は、オフィスや店舗の内装に合わせることで、空間の統一感を出すことができます。例えば、ナチュラルな木目調の内装には、白やベージュなどの落ち着いた色のサーバーがマッチします。

一方で、クリエイティブな空間には、ブラックやメタリックなど、モダンな印象のサーバーが適しています。

サイズで選ぶ

食物, 新鮮な, フルーツ, 健康, レモン, ライム, ナチュラル, オレンジ

サイズは、設置スペースと利用者の人数に応じて選ぶ必要があります。小規模なオフィスや会議室では、スペースを取らないコンパクトな卓上型が理想的です。

大規模なオフィスや公共の待合室では、容量が大きく利用者が多い環境に対応できる床置き型が適しています。サイズ選びは、利便性空間利用の最適化のバランスを取ることが重要です。

衛生面・メンテナンスのしやすさ

ウォーターサーバーの衛生面メンテナンスのしやすさは、安全で健康的な飲用環境を保つ上で非常に重要です。自動クリーニング機能やUV殺菌機能を備えたモデルは、定期的なメンテナンスの手間を軽減し、常に清潔な状態を維持します。

また、メンテナンス契約を提供するサービスを選ぶことで、専門のスタッフによる定期的な清掃や機能チェックが受けられ、長期的にサーバーを安心して利用することが可能です。

法人利用でサーバーを契約する4つのメリット

手軽においしくコーヒーやお茶を飲むことができる

コーヒー, コーヒーカップ, カップ, 飲む, 豆, コーヒー豆ウォーターサーバーを導入する最大のメリットの一つは、手軽さです。スタッフや訪問者は、いつでも新鮮で美味しい水を利用できます。コーヒーやお茶を淹れる際に、待ち時間なしで適温の水を使用できることは、効率的な職場運営にも寄与します。

また、高品質の水は飲み物の味を向上させるため、オフィスでのコーヒーブレイクがより楽しい時間に変わります。

費用を経費で落とせる

コイン, 紙幣, お金, 通貨, ファイナンス, 現金, 仕事, 経済, 銀行法人利用のウォーターサーバーは、経費処理が可能であることも大きな利点です。ウォーターサーバーの料金は、事業の運営コストとして計上できるため、税務上の節税対策にもなります。

具体的には、オフィスでの日常的な水の利用はもちろん、来客時の接待用としても使用できるため、経費としての扱いがしやすいのです。

ペットボトル保管場所の確保がいらない

大量のペットボトルをオフィス内に保管することは、スペースの無駄遣いにつながります。ウォーターサーバーを設置することで、この問題を解決できます。ウォーターサーバーは、定期的に水を補給するため、保管スペースを最小限に抑えられます。

これにより、オフィスの利用可能なスペースを有効活用し、環境整備にも寄与することができるのです。

防災対策として備蓄水にもなる

水滴, 落とす, 影響, 波紋, 水, 表面張力, 水面, 滴, 自然, 水

ウォーターサーバーの水は、非常時の備蓄水としての役割も果たします。災害が発生した際には、水道水が使用不可になることが考えられます。ウォーターサーバーにより確保された水は、そのような状況下での貴重な飲料水源となります。

また、ウォーターサーバーの水は定期的に交換されるため、常に新鮮な水を保持することが可能です。これにより、安全性の高い水を非常時にも確保できるため、企業の防災対策として非常に有効です。

法人利用でサーバーを契約する3つのデメリット

ランニングコストがかかる

法人でウォーターサーバーを契約する際の一番の懸念事項は、ランニングコストです。月々の水の購入費用に加えて、機器のレンタル料、電気代が発生し、これらは継続的な出費となります。

特に大規模オフィスや多数の従業員がいる場合、水の消費量が多くなるため、費用は予想以上に増加する可能性があります。

そのため、契約前には、総コストを詳細に計算し、予算内で管理することが重要となります。

サーバーの設置場所を確保する必要がある

オフィス, 居間, エグゼクティブ, 仕事, デスク, 職場, 家具, 企業

ウォーターサーバーを設置するためには、適切なスペースを確保する必要があります。これは、特にスペースに制限のあるオフィスでは大きな問題となることがあります。サーバーは一定のフットプリントを必要とし、また交換用のボトルやメンテナンス作業のためのアクセススペースも考慮する必要があります。

したがって、サーバーの設置は、オフィスのレイアウトや作業の流れに影響を与える可能性があり、これらの要素を事前に検討することが不可欠です。

ボトル交換をする必要がある

ウォーターサーバーを利用するには定期的なボトル交換が必要です。これは、特にボトルが重い場合、物理的な負担となり得ます。ボトル交換の頻度と労力は、オフィスでの水の消費量によって変わりますが、忙しい業務の中でボトル交換を行うのは、時には面倒な作業となることがあります。

また、交換用のボトルをオフィス内に適切に保管しておく必要があり、ストレージスペースも考慮する必要があります。

企業がウォーターサーバーを導入する際のよくある質問

業者がオフィスに設置してくれるサービスはある?

起動, 仕事, 人, 学生, オフィス, ストラテジー, テクノロジー, 会社企業がウォーターサーバーを導入する際に、多くの場合、業者は設置サービスを提供します。このサービスを利用することで、オフィスの適切な場所にウォーターサーバーが設置され、運用の開始までの手間が大幅に削減されます。

しかし、サービスの内容は業者によって異なるため、具体的なサービス内容や条件を事前に確認することが重要です。設置に関連する費用が発生するかどうか、また設置後のフォローアップサービスがあるかどうかも、事前に確認すべき点です。

複数台設置できる?

大規模なオフィスや複数のフロアを持つ企業では、複数台のウォーターサーバーの設置が必要になることがあります。多くのウォーターサーバー業者は、顧客のニーズに応じて複数台の設置をサポートしています。

ただし、設置台数に応じて料金プランが変わる場合もあるため、契約前に複数台設置の場合のコストや条件を業者とよく相談することが必要です。

お試しレンタルはできる?

一部のウォーターサーバー業者では、企業がサービスに満足するかどうかを判断するためのお試しレンタルプログラムを提供しています。このプログラムを利用することで、企業は実際にウォーターサーバーを試用し、継続利用するかどうかを決定できます。

お試し期間中は無料または割引料金でサービスを利用できることが多いですが、お試しレンタルが可能かどうかや、その条件は業者によって異なるため、詳細は直接問い合わせる必要があります。

ウォーターサーバーのメンテナンスはセルフでやる?

羽ぼうき, クリーニング, 家事, クリーナー, ハウスキーピング, 噴射ウォーターサーバーのメンテナンス方法は、業者や機種によって異なります。一部のウォーターサーバーは、ユーザー自身で簡単な清掃やメンテナンスを行うことができます。しかし、専門的なメンテナンスや定期的なサービスチェックが必要な場合もあり、これらは通常、業者が責任を持って実施します。

自己管理が可能な範囲と業者によるメンテナンスサービスの内容を、契約前に明確にしておくことが、トラブルを避けるためには必須です。

まとめ

水滴, 落とす, 影響, 波紋, 水, 表面張力, 水面, 滴, 自然, 水

オフィスや法人向けウォーターサーバーの選定は、多くの要因を考慮する必要があります。コストパフォーマンス、利便性、衛生面、さらにはデザイン性まで、幅広い基準を満たす製品を選ぶことが重要です。月額のコストは明らかに大きな検討事項であり、水の種類(RO水や天然水)も重要な選択肢となります。ボトルの交換のしやすさやメンテナンスの手間は、日常の使い勝手に大きく影響するため、見落とせないポイントです。

また、デザインやサイズも重要な要素であり、オフィスの空間に合わせて最適なものを選ぶことが求められます。衛生面を維持しやすいウォーターサーバーを選ぶことで、従業員や来客者に常に清潔で安全な飲料水を提供できます。契約する前には、メリットとデメリットをしっかりと理解し、企業のニーズに最適なサービスを選択することが重要です。

最終的に、ウォーターサーバーはただの水の供給源以上のものです。働く環境を向上させ、従業員の満足度を高めるための投資としても考えることができます。適切なウォーターサーバーを選択することで、職場の生産性と健康を同時に促進することが可能になります。

この記事をシェアする
[addtoany]

この記事を書いた人

本多大輔

本多大輔

浄水navi編集部の本多大輔です!編集者として活動しています。
ウォーターサーバーは毎日の忙しい朝の準備や仕事の合間に、冷水や温水を手軽に利用することができるので、ついついたくさんのお茶や簡単なスープを飲んでしまいます。新鮮でクリーンな水を提供してくれる点も嬉しいポイントです!
ちなみに、サッカーが大好きです。

関連記事

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ