ウォーターサーバーがいらない理由13選!いる人といらない人の違いとは

PR

ウォーターサーバーは、手軽に美味しい水やお湯を得られる便利なアイテムとして人気です。

しかし、すべての家庭に必須かと言えば、そうではありません。ライフスタイルや住環境、財務状況によっては、ウォーターサーバーを設置することが逆に負担となる場合もあります。

ここでは、ウォーターサーバーを導入すべきでないかもしれない13の理由を詳しく掘り下げ、どのような人にとってウォーターサーバーが不要であるかを明らかにします。

ウォーターサーバーがいらない理由13選

理由①:ランニングコストがかかる

ウォーターサーバーのランニングコストは、思ったよりも高額になることがあります。月額の水ボトル代、電気代、機器のレンタル費用などが積み重なり、長期間で考えるとかなりの出費となります

特に、頻繁に大量の水を消費する家庭では、コストが高くなる傾向があります。そのため、費用対効果をしっかりと検討し、自宅での水の使用頻度と必要性を見極めることが重要です

理由②:とにかく水が重たい

ウォーターサーバーのボトルは一般に12リットル以上と重く、これを定期的に交換する必要があります。特に、高齢者や体力に自信のない人にとっては、これらの重たいボトルを運ぶことが大きな肉体的負担となり得ます

また、住居の構造によっては、水ボトルを運ぶ際に階段を上り下りする必要がある場合もあり、これが一層の負担となることも考慮すべきです。このような状況では、ウォーターサーバーの便利さが逆に負担に感じられることがあり、その場合はウォーターサーバーが不要と判断されることもあります。

理由③:大きくて場所をとる

寝室, 食器棚, ベッド, 部屋, ソファー, 窓, リビングルーム, モダンウォーターサーバーを設置する際、そのサイズと占める空間は考慮すべき重要な要素です。多くのウォーターサーバーは、床置きタイプであり、特に狭い住環境では場所を大きく取ることになります。アパートや小さなオフィスでは、限られたスペースを有効に使うことが求められるため、ウォーターサーバーが意外にもかなりのスペースを占有すると、その他の用途にスペースを割くことが難しくなります。

したがって、スペースの制約がある場合、ウォーターサーバーはその設置場所に関する深刻な問題となる可能性があります。

理由④:物置になる

ウォーターサーバーの上部は平らであるため、無意識のうちに物置きスペースとして利用されがちです。文房具、キッチン用品、雑貨など、様々な物が置かれることで、見た目が乱雑になりがちであり、ウォーターサーバー本来の美観と機能が損なわれることがあります。

また、この物置化は、サーバーを清潔に保つという点で、追加の掃除の手間を発生させる可能性があります。

理由⑤:意外と安定しない

ウォーターサーバーの安定性は、特に家庭に小さな子供やペットがいる場合には重要な検討事項です。サーバーの高さと比較的狭いベースは、転倒のリスクを高める可能性があります。サーバーが転倒すると、水のこぼれ、物理的な損傷、さらには怪我のリスクも考慮しなければなりません。

そのため、特に活発な子供やペットがいる環境では、ウォーターサーバーの設置を再考する必要があるかもしれません。

理由⑥:変な使命感に駆られる

ウォーターサーバーを持つと、不必要なプレッシャーに駆られることがあります。これは、契約に基づく定期的な水の購入や、サーバーを十分に利用しないと無駄になるという感覚から生じるものです。

結果として、水の消費を無理に増やすことで、金銭的な負担や精神的なストレスを感じることにつながります。このように、ウォーターサーバーを維持するための使命感が、逆にその利用を負担に感じさせる原因となり得るのです。

理由⑦:水道水より安全といえない

水滴, 落とす, 影響, 波紋, 水, 表面張力, 自然, 水面, 滴, 水ウォーターサーバーの水が水道水より安全であるとは一概に言えません。水道水は厳しい安全基準を満たしており、定期的に検査が行われているため、その安全性は高く評価されています。

対照的に、ウォーターサーバーの水は、製品によって処理や品質管理の基準が異なるため、一律に安全であるとは断言できません。特に、サーバー内部の清掃やメンテナンスが適切に行われない場合、細菌の増殖などのリスクが生じる可能性があります。

理由⑧:掃除の手間が増える

ウォーターサーバーの維持には、定期的な清掃とメンテナンスが必須です。この手間は、多くの人が予想以上に重荷と感じることがあります。

サーバーの水受けトレイ、配水ノズル、外部のクリーニングなど、清潔に保つためには一定の労力が必要です。また、内部の水質を維持するためにも、専門的な清掃が定期的に必要となり、これが面倒だと感じるユーザーも少なくありません。

理由⑨:他の方法もある

ウォーターサーバー以外にも、品質の良い水を入手する手段は多く存在します。例えば、浄水器の設置やボトル入りミネラルウォーターの購入は、ウォーターサーバーよりも低コストで手軽です。

また、水道水を活用して沸かすだけで十分な場合もあり、経済的にもエコロジカルにも優れています。このように、生活スタイルやニーズに応じて、ウォーターサーバー以外の選択肢を検討する価値があります。

理由⑩:サポート体制がだいたいクソ

多くのウォーターサーバーのユーザーは、サポート体制の不備に不満を持っています。特に、故障やトラブル発生時の対応の遅さ、顧客サービスの品質の低さは、大きな問題点とされています。

また、契約の解除や更新に関する手続きが複雑であったり、隠れた費用が後から発生したりするケースも少なくありません。信頼できるサポート体制はサービスの質を大きく左右するため、この点はウォーターサーバー選びの重要な要素となります。

理由⑪:解約手数料(違約金)がかかる

お金, コイン, 投資, 仕事, ファイナンス, 銀行, 通貨, ローン, 現金ウォーターサーバーを解約する際、違約金や解約手数料が発生することは大きなデメリットです。契約時には明確に提示されていないこともあり、予期せぬ追加費用がユーザーを悩ませることに。

特に長期契約を結んでいる場合、期間内に解約すると数万円単位の手数料がかかることもあります。このような隠れたコストは、契約をためらう大きな理由となり、ユーザーの不信感を増大させます。

理由⑫:水の注文ノルマが嫌

多くのウォーターサーバー契約には、月々の水の注文ノルマが設定されています。このノルマを満たさないと追加料金が発生することもあり、消費者にとっては大きな負担となり得ます。特に小家族や一人暮らしでは、設定されたノルマを消費しきることが困難な場合もあり、その結果、余った水ボトルが無駄になるリスクも。

こうした制約が、ウォーターサーバーを必要としない理由の一つに数えられます。

理由⑬:メンテナンスに手間がかかる

ウォーターサーバーのメンテナンスは、一見簡単に思えるかもしれませんが、定期的に行う必要があるため、意外と手間がかかります。サーバー内部の清掃やフィルターの交換、衛生管理など、適切なメンテナンスを怠ると水質の低下や機器の故障を招く可能性があります。

これらの作業には専門的な知識が必要な場合もあり、定期的なメンテナンスの手間とコストは、ウォーターサーバーがいらないと考える大きな理由の一つとなっています。

ウォーターサーバーを契約で後悔しないための方法

ウォーターサーバーの契約を考える際、後悔しないための選択をすることが重要です。下記のポイントを押さえておくことで、満足度の高い契約が可能になります。

ウォーターサーバーのサイズを確認して設置場所を決めておく

リビングルーム, 不動産, 居住の, 家, インテリア, リビングルームウォーターサーバーを選ぶ際は、サイズの確認が不可欠です。部屋のスペースとサーバーの大きさを照らし合わせて、設置場所を決めることで、生活空間に違和感なく溶け込ませることができます。

サイズを事前に知ることで、設置後のトラブルや後悔を避けることができます。サーバーが部屋のインテリアや利用シーンに合っているかを考えることも大切です。

ボトルを保管するための場所やラックを用意する

ウォーターサーバーのボトルは、意外と場所を取るものです。そのため、ボトルを保管するスペースの確保が必要です。ラックや専用の収納スペースを用意することで、部屋の見た目もスッキリと保ち、使い勝手も向上します。ボトルの保管方法を考えることで、日常の利便性を高めることができます

メーカーごとの比較を行う

ウォーターサーバーを選ぶ際には、メーカーごとの特徴を比較することが重要です。料金プラン、サービス内容、メンテナンスの手軽さなど、各メーカーで異なるポイントをじっくりと比較検討しましょう。

また、ユーザーレビューや評価を参考にすることで、より自分に合ったサーバーを選ぶことができます。この選択プロセスを丁寧に行うことで、後悔のない契約が実現します

無料期間があるメーカーを選ぶ

ウォーターサーバーを選ぶ際、無料期間があるメーカーの選択は大きな利点となります。この無料期間を活用することで、サービスの質や利便性を実際に試すことができ、自身のライフスタイルに合致するかどうかを確かめることができます。無料期間内であれば、費用負担なくサービスを体験できるため、後悔を防ぐための重要なステップとなります。

さらに、この期間を通じて製品の品質やメンテナンスの容易さも評価できるため、より確信を持って契約に進むことが可能です。

静音設計のものを選ぶ

特に生活空間で使用するウォーターサーバーにおいて、静音設計のモデルの選択は非常に重要です。静音設計のサーバーを選ぶことで、日常生活における騒音のストレスを軽減し、快適な生活空間を保つことができます。夜間や早朝に水を使う際にも、家族や隣人に迷惑をかけることなく利用できるため、生活リズムを妨げることなく使用できる点が大きなメリットとなります。

デザインが部屋に合うかを事前にチェックする

リビングルーム, インテリア デザイン, 家具, 屋内, アパートウォーターサーバーを選ぶ際は、そのデザインが自宅のインテリアと調和するかも重要なポイントです。部屋のデザインに合わせたウォーターサーバーを選ぶことで、部屋の雰囲気を損なうことなく、自然に環境に溶け込ませることが可能になります。

デザインを事前にチェックし、家具や部屋の色合いと調和するか確認することで、視覚的な満足感を得られるだけでなく、生活空間としての一体感を保つことができます。

ウォーターサーバーを契約してよかったこと8選

①冷水と温水がいつでも使用できる

ウォーターサーバーを契約することの大きな利点は、冷水と温水をいつでも簡単に利用できる点です。特に夏場の冷たい水の需要や、冬場に温かい飲み物を楽しみたい時に、即座に必要な温度の水を得られることは非常に便利です。

また、即座に利用できる温水は、インスタント食品を作る際や、急な来客時のお茶やコーヒーを用意する際にも非常に役立ちます

②水を購入する手間がなくなる

ボトル, ペットボトル, 炭酸水, 水, トランスペアレント, 蓋, 青ウォーターサーバーがあれば、重い水のボトルを買いに行ったり、自宅まで運んだりする必要がなくなります。水の購入に関する手間や時間が削減されるため、日常生活がより快適になります。

また、定期的に自宅に配達されるシステムは、多忙な日々を送る現代人にとって大きなメリットと言えるでしょう。

③料理に美味しい水を使用できる

料理の味は使用する水に大きく左右されます。ウォーターサーバーから供給される水は、通常、フィルタリングや浄化処理が施されているため、料理に使用するとより美味しい結果につながることが多いです。

特にコーヒーやお茶、スープなど、水の質が直接味に影響する飲食物には最適です。

④赤ちゃんのミルク作りに役立つ

ガラス, ミルク, 注ぐ, 牛乳を注ぐ, 牛乳, 飲む, 生乳, ピッチャー赤ちゃんのミルクを作る際に、適温のお湯がすぐに使えるのは、多くの親にとって大きな安心材料です。ウォーターサーバーなら、赤ちゃんが急にお腹を空かせても、すぐに適切な温度のお湯でミルクを準備することができます。

この即時性と便利さは、特に夜中の授乳などで非常に価値があります。

⑤災害時の備蓄水になる

ウォーターサーバーがあれば、災害時に大変役立ちます。万が一、水道が使えなくなる状況でも、ウォーターサーバーの水を備蓄水として利用できるため、安心感が格段に高まります。特に地震や台風などの自然災害が発生した際には、生活用水として直ちに使えるクリーンな水が手元にあることは、家族の安全を守る上で非常に重要な要素となります。

⑥マイボトルの習慣がつきやすくなる

環境意識の高まりと共に、マイボトルを持ち歩く習慣が推奨されています。ウォーターサーバーを使用することで、家から美味しい水をマイボトルに入れて持ち歩くことが容易になります。

これにより、プラスチック廃棄物の削減に貢献すると同時に、外出先でも安全で美味しい水を常に摂取できるという利点が得られます。

⑦水を飲む習慣が身につきやすい

コーヒー, コーヒーカップ, カップ, 飲む, 豆, コーヒー豆人間の体は水分で構成されているため、適切な水分摂取は健康を維持する上で欠かせません。ウォーターサーバーを使うことで、いつでも新鮮でおいしい水が手軽に摂取できるため、水を飲む習慣が自然と身につきます。

定期的な水分補給は、集中力の向上や健康維持に直結するため、生活の質の向上に寄与します。

⑧お茶やコーヒーを入れやすい

ウォーターサーバーの温水機能を利用することで、お茶やコーヒーを作る際にもその恩恵を受けられます。特に忙しい朝や仕事の合間に、手間なくすぐに温水を使用できるのは大きな利点です。

ウォーターサーバーの水は、味の質を左右する重要な要素であり、お茶やコーヒーの風味を引き立てることが期待できます。

一人暮らしでウォーターサーバーが必要な人の特徴5選

一人暮らしをしている方の中には、ウォーターサーバーを導入することで生活の質が向上するケースがあります。ここでは、一人暮らしでウォーターサーバーが特に必要となる人の特徴を探ってみましょう。

ミネラルウォーターをよく飲む人

ミネラルウォーターを日常的に消費する人にとって、ウォーターサーバーは非常に便利なアイテムです。ペットボトルの水を購入し運ぶ手間が省けるだけでなく、コストパフォーマンスの面でもメリットが大きいです。

また、ウォーターサーバーの水は品質が保証されているため、安心して飲用できる点も大きな利点と言えます。一人暮らしで水を大量に消費する場合、重い水のボトルを運ぶ苦労から解放されるだけではなく、エコロジー的にも良い選択となります。

テレワークで在宅勤務が増えた人

テレワーク, テクノロジー, ラップトップ, 繋がり, 電子, コンピューター在宅勤務が増えた結果、自宅で過ごす時間が長くなった人にとって、ウォーターサーバーは大きなメリットをもたらします。自宅で仕事をすることが多いと、水分補給の頻度が自然と増えるため、いつでも新鮮な水が手軽に取れる環境が求められます。

ウォーターサーバーがあれば、会議の合間や仕事のブレイクタイムに、すぐに冷水や温水を利用できるため、作業効率の向上にも寄与します。さらに、水の購入やボトルのストックに関する心配をする必要がなくなるため、テレワークのストレス軽減にも繋がります。

冷水・温水を使うことが多い人

日常生活で頻繁に冷水や温水を利用する人は、ウォーターサーバーが非常に便利です。例えば、夏場に冷たい飲み物を常に手元に置きたい場合や、寒い季節に温かい飲み物や即席の温かい食品を頻繁に摂る場合、ウォーターサーバーからすぐに適温の水を得られるのは大きなメリットです。

この利点は、時間の節約にも繋がり、生活の快適性を高めます。

店舗で購入したお水を運ぶのが大変な人

重い水のボトルを購入して自宅まで運ぶのは、特に一人暮らしの場合、大変な労力です。

特に、高層階に住んでいる場合や、自動車を持っていない場合には、この労力はさらに大きな負担となり得ます。ウォーターサーバーを導入することで、水の購入と運搬の手間を省くことができ、生活の効率を格段に向上させることが可能になります。

赤ちゃんや小さい子どもがいる人

母親, 子供, 家族, 肖像画, 議事録, 母性, 娘, 女性, 赤ちゃん赤ちゃんや小さい子どものいる家庭では、清潔で安全な水の必要性が特に高まります。ミルクを作る際に適温の水がすぐに必要となることや、子どもの食事の準備に使用する水の品質に常に気を配る必要があります。

ウォーターサーバーは、これらのニーズに応え、いつでも安全で清潔な水を提供することで、子育てをする家庭の大きなサポートとなります。さらに、赤ちゃんや小さい子どもがいる家庭では、非常時の備蓄水としての役割も果たし、安心感を与えます。

ウォーターサーバーをやめずに長期間利用するためのポイント4選

ウォーターサーバーを導入する際には、長期間にわたって快適に使用することを目指したいものです。そのためには、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。

ボトル交換しやすい機種を選ぶ

ウォーターサーバーの利便性を最大限に引き出すためには、ボトル交換のしやすさが重要です。重いボトルを持ち上げることなく交換できる、床置きタイプのモデルやスライド式のボトル交換システムを採用している機種を選ぶことで、使用時の負担を軽減し、長期的な利用に繋がります。特に高齢者や体力に自信がない方にとっては、この点は非常に重要です。

浄水型のウォーターサーバーを選ぶ

水質にこだわるユーザーには、浄水型のウォーターサーバーがおすすめです。これらのサーバーは水道水を直接浄化し、安全で美味しい水を提供します。定期的なボトル交換の必要がなく、ランニングコストも抑えられるため、経済的で環境にも優しい選択となります。

月額料金を理解しておく

ウォーターサーバーを長期間使用するには、コストの明確な理解が不可欠です。サービス契約前には、月額料金だけでなく、レンタル料、メンテナンス費用、水の料金など、すべてのコストを含めた総額を確認しましょう。

料金体系を正確に理解することで、予期せぬ出費を避け、長期的な利用計画を立てやすくなります。

月額料金の比較表

項目 浄水型サーバー ボトル交換型サーバー
レンタル料 ¥3,000~ 無料~¥2,000
水の料金 水道代のみ ¥2,000~¥4,000(12L×2本)
メンテナンス費 ¥0~¥500 ¥0~¥1,000
総月額コスト ¥3,000~¥4,500 ¥2,000~¥7,000

この表を参照することで、どのタイプのウォーターサーバーが自分のライフスタイルや予算に適しているかを把握できます。経済的に持続可能な選択をすることが、長期間にわたる利用の鍵となります。

ウォーターサーバーに求める要素を明確にしておく

ウォーターサーバーを選ぶ際には、自分のライフスタイルやニーズに合った機能やサービスを提供する製品を選ぶことが重要です。自分がウォーターサーバーに何を求めているのかを明確にすることで、無駄な出費を避け、後悔のない選択ができます

たとえば、赤ちゃんがいる家庭であれば、温水機能がついたウォーターサーバーを選ぶことが望ましいでしょう。また、デザインを重視する方であれば、インテリアに合ったスタイリッシュなデザインのウォーターサーバーを選ぶことが重要です。消費電力やメンテナンスのしやすさも、長期的に使用するうえで考慮すべき点です

おすすめのウォーターサーバー3選

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスは、デザイン性と機能性を兼ね備えた浄水型ウォーターサーバーです。さまざまなライフスタイルに合わせて選べる3タイプのモデルがあり、冷水や温水、コーヒー機能付きのオプションもあります。

特に、水道水を使用して冷温水が得られる点が魅力で、定額制の料金体系によりコストパフォーマンスも高いです。

モデル 特徴 月額料金(税込)
every frecious mini 卓上型でコンパクト、基本機能に特化 3,300円
every frecious tall 床置き型で使いやすく、常温水機能もあり 3,300円
every frecious tall+cafe コーヒー機能付きで、カフェのような使用が可能 3,850円

キャンペーンや初月無料のサービスも充実しており、新規契約や他社からの乗り換えにもお得な条件が揃っています。また、定期的なカートリッジ交換で水質のクリーンさを維持し、メンテナンスの手間を軽減します。

ヴィヴィウォーター

ヴィヴィウォーターは、環境に優しくエコな浄水型ウォーターサーバーです。プラスチックのボトル廃棄を減らし、貯水タンクに水道水を直接注ぐことで、冷水と温水を利用できます。

料理から美容まで、多様な生活シーンに対応し、高い浄水性能を誇ります。

特長 説明
浄水性能 塩素や不純物を除去し、赤ちゃんのミルク作りにも適している
エコフレンドリー ボトル不要でプラスチックごみを削減
デザイン どんな空間にもマッチするスタイリッシュなデザイン

ハミングウォーター

ハミングウォーターは、使い勝手と経済性を重視したユーザーに最適なウォーターサーバーです。手頃な価格設定でありながら、必要な機能をしっかりと備えている点が特徴です。

特に、家庭やオフィスでの日常的な利用に適しており、安定した水質とサービスを提供します。

特長 説明
コストパフォーマンス 低価格で高品質な水を提供
ユーザーフレンドリー 操作が簡単でメンテナンスも容易
サポート体制 顧客のニーズに応じた迅速なサポートを提供

まとめ

水滴, 落とす, 影響, 波紋, 水, 表面張力, 自然, 水面, 滴, 水ウォーターサーバーを選ぶ際には、ランニングコストサイズと設置場所水の重さと保管など、多岐にわたる要素を考慮する必要があります。

特に、コスト面では、定額制かどうか、メンテナンス費用が含まれているかを確認することが肝心です。また、設置スペースの確保水の補給やメンテナンスの手間も重要な検討ポイントとなります。

ウォーターサーバーの利点は、冷水と温水の即時提供水購入の手間削減料理用の質の高い水利用など、生活の利便性を高める点にあります。しかし、運用コスト、スペースの問題、メンテナンスの手間など、短所も考慮に入れる必要があります。

最終的にウォーターサーバーを選ぶかどうかは、個々の生活スタイルやニーズによります。コストパフォーマンス使い勝手メンテナンスの容易さ、そして総合的な利便性を総合的に考慮して、最適な選択をすることが大切です。結局のところ、ウォーターサーバーは生活の質を向上させるツールとして、それぞれの家庭に合った選択が重要となります。

この記事をシェアする
[addtoany]

この記事を書いた人

本多大輔

本多大輔

浄水navi編集部の本多大輔です!編集者として活動しています。
ウォーターサーバーは毎日の忙しい朝の準備や仕事の合間に、冷水や温水を手軽に利用することができるので、ついついたくさんのお茶や簡単なスープを飲んでしまいます。新鮮でクリーンな水を提供してくれる点も嬉しいポイントです!
ちなみに、サッカーが大好きです。

関連記事

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ