ウォーターサーバーのお湯は何度まで出る?その仕組みとは

PR

多くの家庭やオフィスで日常的に使われているウォーターサーバーは、瞬時にお湯と冷水を提供する便利な機器です。

特に、忙しい朝や冷えた日には、手早く温かい飲み物が楽しめることが魅力的です。

しかし、ウォーターサーバーから出るお湯の温度にはどのような特徴があるのでしょうか?

この記事では、ウォーターサーバーのお湯の温度範囲とそのメカニズムを詳しく解説し、あなたの生活に合ったウォーターサーバー選びをサポートします。

ウォーターサーバーのお湯の温度

ホット, 紅茶のカップ, お茶, カップ, 注ぐ, 受け皿, ティーポットウォーターサーバーから給水されるお湯の温度は、一般的に80℃から90℃の範囲に設定されています。この温度帯は、コーヒーやお茶を淹れるのに適しているとされています。

しかし、具体的にどのような機種でどの程度の温度が得られるのか、詳細に見ていきましょう。

機種による温度の違い

ウォーターサーバーによっては、75℃から85℃といったやや低めの温度設定を標準とするものもあります。これは、エコモード機能を備えたモデルで見られる特徴で、エネルギー消費を抑えつつ適度に温かいお湯を提供するための設計です。

温度設定の重要性

お湯の温度は、使用目的によって重要な役割を果たします。たとえば、カップ麺やお茶などは、95℃以上のお湯でないと十分な味が引き出せないことがあります。

このような場合、再加熱機能を持つウォーターサーバーが適しています。この機能により、お湯の温度をさらに上げることが可能になり、90℃を超える熱湯が必要なシーンにも対応できます。

温度調節機能の利点

ウォーターサーバーの中には、ユーザーが希望する温度に調節できるモデルも存在します。

これにより、飲み物や料理に最適な温度のお湯を使用できるため、幅広いニーズに対応することが可能です。温度調節機能は、日常的に様々な温度のお湯を必要とするユーザーにとって特に有用です。

ウォーターサーバーのお湯の温度比較

機種名 標準温度 エコモード時の温度 再加熱機能時の温度
シタカラ 81~93℃ 60~73℃ 91~97℃
スリム 83~93℃ 設定なし 再加熱不可
スリムS 80~90℃ 62~68℃ 再加熱不可

この表からもわかるように、ウォーターサーバーの選択に際しては、温度設定の幅や再加熱機能の有無を考慮することが重要です。

高い温度のお湯が必要な場合は、再加熱機能を備えた機種を選ぶと良いでしょう。また、日々の使用においては、エコモードに設定することで電気代の節約にもつながります。

ウォーターサーバーで熱湯が出る仕組み

パン, 水, 食物, 沸騰したお湯, 火災, 料理, 卵, 画像ウォーターサーバーの背後にあるテクノロジーは、その利便性と効率性を実現しています。熱湯を生成するメカニズムは主に2種類あり、それぞれの特性がウォーターサーバーの性能と使い勝手を決定づけています。

金属棒を使っているタイプ

金属棒を利用するウォーターサーバーは、直接加熱方式を採用しています。金属棒(加熱棒)が水を直接温めることで、熱効率が高く、素早くお湯を生成できます。このタイプのサーバーは、水温を迅速に上昇させることが可能であり、急な需要にも柔軟に対応できるメリットがあります。

金属棒を使用するシステムは、そのシンプルさからメンテナンスが容易であり、故障が少ないという特徴も持っています。しかし、一度に大量のお湯を使用すると、温度が一時的に下がることがあります。このタイプは、連続して高温のお湯を必要とする場合には不向きかもしれません。

ヒーターバンドを使っているタイプ

ヒーターバンドを使ったウォーターサーバーは、タンクの外側を取り巻くようにヒーターが配置されています。このヒーターバンドが水を均等に加熱するため、タンク内の水全体を効率よく温めることができます。

この方式では、温水の温度を安定させやすく、連続使用においても温度の変動が少ないという利点があります。

ヒーターバンド方式のウォーターサーバーは、一定温度のお湯を持続的に提供できるため、オフィスや飲食店など、一定期間にわたり安定した供給が求められる環境に最適です。加熱の均一性が高いため、お湯の品質を一定に保ちやすいという特長も持ち合わせています。

熱湯ができるまでの時間は?

壊す, お茶, 残りの部分, カップル, 沸騰したお湯, マグ, 仕事ウォーターサーバーが熱湯を生成するまでの時間は、その構造や設定、使用環境に大きく依存します。一般的に、ウォーターサーバーは即時に温かいお湯を提供できるよう設計されていますが、完全に冷え切った状態から熱湯を作り出す場合には、数分から数十分の時間が必要になることがあります。

サーバー内に予備の熱水を保持しているタイプでは、お湯を即座に使用できますが、大量のお湯を短時間で使用した後は、次のバッチのお湯が適切な温度に達するまでに待機時間が生じる可能性があります。この待機時間は、サーバーの加熱能力やタンクの容量によって異なります。

熱湯の需要が高い場合や、連続してお湯を使用するシナリオでは、加熱時間が重要な要素となります。このため、選択するウォーターサーバーの性能を理解し、使用状況に応じて適切なモデルを選ぶことが不可欠です。

ウォーターサーバーを使った温かい飲み物や料理のレシピ

ウォーターサーバーから供給される温かいお湯は、単に飲用水としてだけでなく、さまざまな飲み物や料理を作る際にも大変便利です。ここでは、ウォーターサーバーを活用して手軽に作れるレシピをいくつか紹介します。

コーヒー

コーヒー, 豆, カップ, 一杯のコーヒー, コーヒーカップ, ブラックコーヒーウォーターサーバーからのお湯を使って、簡単に美味しいコーヒーを淹れることができます。コーヒー豆の風味を最大限に引き出すには、85℃から90℃のお湯が最適とされています。

  1. コーヒー粉をフィルターにセットします。
  2. ウォーターサーバーで温めたお湯をゆっくりとコーヒー粉に注ぎます。
  3. お湯が全てコーヒー粉を通過するのを待ち、カップに落ちたコーヒーを楽しみます。

このプロセスにより、ウォーターサーバーで簡単に、しかし品質の高いコーヒーを楽しむことができます。

粉末スープ・インスタント味噌汁

和食, スープ, 味噌汁, 魚, 料理, 日本食, お椀, 食べ物, 味噌汁粉末スープやインスタント味噌汁は、ウォーターサーバーのお湯で手軽に作れる快適な一品です。お湯の温度は、味噌やスープの素がしっかりと溶けるよう、90℃前後が適しています。

  1. 適量の粉末スープや味噌汁の素をボウルに入れます。
  2. ウォーターサーバーから90℃のお湯を注ぎ、よくかき混ぜます。
  3. 全てが溶け合って一体となったら完成です。

カップ麺

カップ麺, カレーヌードル, らーめん, インスタント, 山積み, ドライフーズカップ麺もウォーターサーバーのお湯を使って簡単に作れます。ここでは、95℃以上の熱湯が理想的ですが、ウォーターサーバーの温度設定にもよります。

  1. カップ麺に別添えの調味料を入れます。
  2. ウォーターサーバーから熱湯を注ぎ、フタを閉じて数分間待ちます。
  3. 時間が経過したら、よくかき混ぜてから召し上がります。

粉ミルク

小麦粉, 瓶, 粉, タイプ500, 小麦, 小麦粉, 粉, 粉, 粉, 粉赤ちゃん用の粉ミルクを作る際も、ウォーターサーバーのお湯が便利です。70℃以上のお湯で溶かすことで、ミルクを衛生的に、かつ安全に調乳することができます。

  1. 指示された量の粉ミルクを哺乳瓶に入れます。
  2. ウォーターサーバーから70℃のお湯を適量注ぎます。
  3. 哺乳瓶を振って粉ミルクを完全に溶かし、適温に冷ましてから赤ちゃんに与えます。

焼酎のお湯割り

ピスタチオ, ウィスキー, お酒, アルコール依存症, 飲料, 暖炉, 飲む焼酎のお湯割りも、ウォーターサーバーで簡単に作ることができます。お湯割りに適した温度は約50℃なので、ウォーターサーバーのお湯を適宜冷ましてから使用します。

  1. 焼酎をグラスに注ぎます。
  2. ウォーターサーバーから取った熱湯を少し冷まし、50℃程度に調整します。
  3. 調整したお湯を焼酎に注ぎ、適宜かき混ぜてから楽しみます。

ウォーターサーバーのお湯がぬるい!考えられる5つの原因

ウォーターサーバーを使用する上で時折直面する問題の一つが、お湯が思ったよりもぬるいと感じることです。この問題には、いくつかの原因が考えられます。ここでは、その原因と解決策を深掘りしていきましょう。

お水が十分に加熱されていない

水, 自然, 水滴, 波紋, 波, 小さな波, 滴, 滴下, 液体, 水, 水最も一般的な原因の一つは、お水が十分に加熱されていないことです。ウォーターサーバーの加熱機能が最大限に活用されていないか、加熱プロセスが完了する前にお湯を使用してしまうことがあります。

特に、サーバーの起動直後や、長時間使用していない後は、お湯が充分に温まるまでに時間がかかることがあります。

節電・ECOモードになっている

多くのウォーターサーバーには節電を目的としたECOモードが搭載されています。このモードが有効になっていると、お湯の温度が意図的に下げられるため、お湯がぬるく感じる原因となることがあります。通常の使用に戻すためには、ECOモードを解除し、サーバーが通常の加熱モードに戻るまで待つ必要があります。

ウォーターサーバー内の水が少ない

ウォーターサーバー内の水が少ない場合、新たに補充された水が温まるまでに時間がかかるため、一時的にお湯の温度が低下することがあります。水の補充直後は特に、サーバーに温まるための十分な時間を与えることが重要です。

コンセントが抜けている

停電, 節電, スカイライン, パリ, 市, ヨーロッパ, 電気, 原子力思いのほか単純な原因として、ウォーターサーバーのコンセントがしっかりと接続されていない、あるいは抜けていることが挙げられます。この場合、サーバーは電源を受けておらず、適切に加熱することができません。定期的にコンセントの接続を確認することが、予期せぬトラブルを防ぐために有効です。

熱放射版がうまく機能していない

ウォーターサーバーの中には熱を外部に放出するための熱放射版が搭載されています。この部品が汚れたり損傷したりしてうまく機能していない場合、サーバー内の温度が安定しなくなり、お湯の温度が低下する原因となることがあります。

定期的な清掃や点検を行うことで、この問題を避けることができます。

お湯(熱湯)を出す時の注意点

ウォーターサーバーからお湯を使用する際は、特に安全性や利便性を考慮する必要があります。

ここでは、熱湯を出す際に留意すべき点をいくつか挙げ、それぞれについて詳しく説明します。

まずは試し飲みをしてみる

ウォーターサーバーからのお湯を使用する前に、まずは試し飲みをしてみることが重要です。

これにより、お湯の温度が適切かどうかを確認し、飲用や料理に適した温度であることを保証できます。試し飲みは、火傷のリスクを減らすためにも、特に熱湯を使用する際には不可欠です。

チャイルドロックをかける

赤ちゃん, 女の子, 肖像画, 子供, 娘, 子供時代, 赤ちゃん, 子供ウォーターサーバーには、子どもやペットが誤って熱湯を出してしまうのを防ぐためのチャイルドロック機能が備わっている場合があります。熱湯を使用する際には、このチャイルドロックを確実にかけることで、不慮の事故を防ぎ、家庭内の安全を保つことができます。

特に、子どもがいる家庭では、この機能の利用を積極的に検討するべきです。

大量のお湯を使用したらお湯は当分使えない

ウォーターサーバーは、一度に大量の熱湯を提供した後、一定時間、再加熱する必要があります。このため、連続して大量のお湯を使用すると、次にお湯を使用できるまでの間、待機時間が発生することがあります。

したがって、大量の熱湯を使用したい場合は、サーバーの加熱能力や回復速度を考慮し、使用計画を適切に立てる必要があります。

このプロセスを理解しておくことで、無駄な時間を避け、より効率的にウォーターサーバーを使用することが可能になります。

ウォーターサーバーの温度についてのQ&A

ウォーターサーバーを利用する際、温度に関する疑問は非常に一般的です。ここでは、温度に関連するよくある質問とその答えを詳しく掘り下げていきます。この情報は、ウォーターサーバーの効果的な使用と維持管理に役立ちます。

サーバー内の水は常温でも使える?

水, ワイングラス, 水のしぶき, 自然, 軽食, コップ, 飲む, 飲むガラス多くのウォーターサーバーは、冷水と熱湯の両方を提供するように設計されていますが、常温の水を直接提供する機能は限られています。なぜなら、ウォーターサーバーは、水を衛生的に保つために、通常、冷却または加熱を行っているからです。

ただし、市場には常温設定が可能なウォーターサーバーも存在し、これらは特に水の温度に敏感な人や特定の用途に適しています。そのため、常温水の利用が必要な場合は、購入前にこの機能を持つ製品を選ぶことが重要です。

お湯の温度が100℃ではない理由

ウォーターサーバーから出るお湯の温度が100℃に達しない理由は、主に安全性とエネルギー効率に関連しています。100℃の水は沸騰しているため、使用中に蒸気が発生し、やけどの危険性を高める可能性があります。また、水を沸点まで継続的に加熱するには、大量のエネルギーが必要であり、これは電気代の増加に直結します。

そのため、ウォーターサーバーは一般に、使用に適した温度範囲である80℃から90℃にお湯を保つように設計されています。これにより、安全で経済的な使用が可能になります。

毎月の電気代はどれくらい?

お金, コイン, 投資, 仕事, ファイナンス, 銀行, 通貨, ローン, 現金ウォーターサーバーの電気代は、そのモデル、使用頻度、そして設定された温度によって大きく異なります。一般的に、ウォーターサーバーの電気代は月に500円から1,000円程度とされていますが、これは節電機能の有無やエコモードの使用、サーバーの効率によって変動します。

ウォーターサーバーのエネルギー効率を最大限に活用するには、必要なときにのみお湯を使う、夜間や不使用時にはエコモードに設定するなどの工夫が効果的です。また、定期的なメンテナンスと清掃によって、サーバーの性能を最適な状態に保つことも、電気代を抑える上で重要です。

ウォーターサーバーのおすすめとそれぞれのお湯の温度を比較!

ウォーターサーバー選びで重要なのは、お湯の温度範囲です。ユーザーの生活スタイルや利用シーンに合わせて、適切な温度設定を備えたウォーターサーバーを選ぶことが大切です。ここでは、おすすめのウォーターサーバー3機種の温度設定を比較し、それぞれの特徴を解説します。

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスは、使い勝手の良さと温度設定の幅広さで人気のあるウォーターサーバーです。このウォーターサーバーは、以下の温度範囲を提供しています:

  • エコモード: 70度〜75度
  • 標準モード: 85度〜90度

エコモードは、省エネを重視するユーザーに最適で、日常的な水分補給や軽食の調理に適しています。標準モードでは、コーヒーやお茶を淹れる際に最適な温度を保つことができます。この幅広い設定は、多様なニーズに対応するために設計されています。

ビビウォーター

ビビウォーターは、独自の機能と設計で知られるブランドです。このウォーターサーバーのお湯の温度設定は次のとおりです:

  • エコモード: 70度〜75度
  • 標準モード: 85度〜90度

ビビウォーターもまた、節電を考えたエコモードと、即座に熱い飲み物を楽しめる標準モードを提供しています。これにより、ユーザーは日々の活動に応じて温度設定を調整することが可能です。

ハミングウォーター

ハミングウォーターは、特にコストパフォーマンス使い勝手の良さで評価されています。具体的な温度範囲の詳細は公開されていませんが、ユーザーの口コミによると、適切な温度設定で日常のニーズに応えていることがわかります。

  • コスト効率が高く、定額制で経済的
  • 水の交換が容易で扱いやすい
  • 温度調節が可能で、さまざまな用途に対応

ハミングウォーターは、家計に優しい運用が可能でありながら、使用時の柔軟な温度設定が魅力となっています。利用者からは、その便利さと経済性が特に好評です。

 

まとめ

ウォーターサーバーのお湯は通常、約85°Cから95°C の範囲で提供されます。この温度は、飲用やインスタント食品、赤ちゃんのミルク作りに適しているため、多くのユーザーにとって便利です。お湯の仕組みは、内蔵されたヒーティングエレメントにより水を加熱し、設定温度を保つことで安定した熱湯を供給します。

ウォーターサーバーの選択において、お湯の温度範囲は重要な要素です。利用者のニーズに合った温度設定が可能なサーバーを選ぶことで、より快適に使用できます。また、安全機能やエネルギー効率なども考慮することが推奨されます。

この記事では、無料でお試し可能なウォーターサーバー各社の特徴やプランを比較し、その中でも特に注目すべきポイントを解説しました。短期間の利用を検討している方や、初めてウォーターサーバーを導入する方にとって、無料お試し期間は、サービスの質や自身のライフスタイルに合った選択をするための絶好の機会と言えるでしょう。

この記事をシェアする
[addtoany]

この記事を書いた人

本多大輔

本多大輔

浄水navi編集部の本多大輔です!編集者として活動しています。
ウォーターサーバーは毎日の忙しい朝の準備や仕事の合間に、冷水や温水を手軽に利用することができるので、ついついたくさんのお茶や簡単なスープを飲んでしまいます。新鮮でクリーンな水を提供してくれる点も嬉しいポイントです!
ちなみに、サッカーが大好きです。

関連記事

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

PFASに対応した水道水浄水型ウォーターサーバー比較

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター エコサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ

ハワイアンウォーター スタンダードサーバーの評判と口コミ